大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • カンボジアの中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

カンボジアの中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2015/03/16(月) 06:14


約一週間の海外出張から帰国し、なぜか茨城県の水戸市におります。



事情はともあれ、バタバタと走り回っているのは事実。

ゆっくりとブログを更新する時間もありません。





今日は、苦い思い出のカンボジアでのネタをご紹介します。


カンボジアの首都、プノンペンの中古自転車屋さんです。








これも中古自転車屋さん。

ちょと雑然としていますがね~。



みなさんご承知の通り、カンボジアという国は近年急成長しているものの、東南アジアの中でも発展が遅れている部類に入る国です。

中古自転車屋さんも、修理、仕上げ、陳列などの状況が発展途上です。







中古自転車事情を調査することは私の重要な任務ですから、色々な商品の価格も調べてきました。


店の中も大変狭いので、写真撮影が難しい。

これでも、何とか撮影しました。



画像の赤いマウンテンバイクを買う客を装い、価格調査しました。

日本でよく見かけるタイプです。



最初の言い値は60ドル(約7,200円)からスタート。

交渉の結果、45ドル(5,400円)まで値切ることに成功しました。

私は「外国人」ですから、多少高めの値段なのかとも考えましたが、まあそんなものでしょう。





画像の赤いマウンテンバイクは、ウチで言う「マウンテンバイク(スチール)」ですから、仕入れ値が2,000円です。



まず、これに当社の数百円の利益が乗っかります。

日本からカンボジアまでの輸送費は、税金なども合わせると、1台あたり千数百円になります。

とすると、カンボジア到着時の原価が4,000円近い価格になります。



小売価格は30%位は上乗せした価格になるでしょうから、適正価格なのかなと思う訳です。



この他にも、一応一通りの調査をしてきました。

ビジネスになるとは思いますが、ボロ儲け出来るほど甘いものではありませんねえ・・・。



世の中、そんなものか。









この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:カンボジアの中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事