大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 情けないことに・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

情けないことに・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2014/09/15(月) 06:23


先週の木曜日あたりだと思うのですが、少々腰痛を発症してしまいました。

「少々」と申しますのは、激しい痛みを伴う腰痛ではなく、激しいダルさを伴う腰痛(?)だからです。



分かって貰えますかね~?

痛いわけじゃないんですが、居ても立ってもいられない位のダルさを感じるんです。



激しいダルさに襲われますので、寝転がってストレッチでもする他にない・・・。

そんな状況になるのです。




思い起こしてみると、一ヶ月前くらい前から似たような症状があったような気がします。

車に乗っている途中、どうしようもないような激しいダルさに見舞われて苦しんだことがあります。



「激しいダルさ」というのは非常に急激かつ強いものでして、自覚してからダルさを辛抱できる時間が長くありません。

運転中ではあるのですが、直ちに車を止めて車外に出たくなるほどです。



運転中、急にトイレに行きたくなった場合、「次のコンビニまで」などのように一定時間我慢するわけですが、腰のダルさは我慢できないほどでした。

私は信号待ちの時間を利用して、車外へ出て腰のストレッチをしていました。

そうでもして姿勢を変えないと、我慢できないくらいのダルさでした。





とは言え、そのようなダルさに襲われることは稀でしたし、痛いわけでもないので、あまり気にしないで過ごしていました。



ところが、先週の木曜日あたりから常時ダルさを自覚するようになりまして、土曜日には大阪の高槻市まで出向き、信頼する整骨院で診てもらうことにしました。



整骨院の院長とは長い付き合いですから、「腰が・・・」と言うだけで、後は私の口からでなく、体から直接状態を聞いてくれます。

結果、「あ~あ・・・」とだけ言われて、治療を開始。



腰のあたりを触診(?)され、チョイと押されただけで、「ンガ!?」と言葉にならない痛みに襲われる。

「言葉にならない痛み」と言うのは、少々オーバーな表現かもしれません。

これまでの経験から、「心地よさ」がやってくるものと思い込んでいたところへ、思いがけず痛いという感覚だったものですから、「ンガ!?」という表現になったのでしょう。



あれ?

痛みや自覚症状は無い・・・ハズだったんですけどね。

やはり、本当に具合は悪かったようです。




何にせよ、こうやってブログ記事を書いているということは、何とか椅子に座ることが出来るまでに回復したわけです。

それは大変ありがたいことなのですが、まだまだ本調子には遠い。

ずいぶん調子はよくなったのですが、



「急に無理な運動をして、

筋肉痛で動けなくなったオッサン」




のような状態です。



情けないことです。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:情けないことに・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事