大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 金(gold)を含んだ資源の輸入事業に対する影響評価 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

金(gold)を含んだ資源の輸入事業に対する影響評価 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/01/23(水) 07:56

自分の商売のまとめみたいなものですが、為替の変動がビジネスにどのような影響を与えるか検証してみました。

今日は、金(gold)を含んだ資源を輸入するという事業に対する影響評価です。



日本時間23日7時時点での相場の話です。

LMEの金(gold)相場は、1オンスあたり1691.8ドル。

為替が1ドル=88.73円ですので、金(gold)は4,826円/gというのが日本円への換算値になるのかな?

私は計算に強くありませんが、多分合っていると思います。

一方、国内の金建値は4,903円/gという数字が出ています。


LMEの金相場が今朝とほぼ同じ水準だった日を探してみると、昨年9月4日が1691.3ドルと、ほぼ今朝と同じ水準であったことがわかりました。

このとき、為替は1ドル=78.3円で、したので、日本円への換算値は4,257円/gになります。

ちなみに、国内の金建値は4,275円/g。


整理してみると下記のような感じですね。
為替の変動に応じて、LME相場から日本円に換算した数値も、国内金建値も比例していることがわかります。

日付 LME gold 為替 日本円換算値 国内金建値
2012.9.4 1691.3 78.3 4,257 4,275
2013.1.23 1691.8 88.7 4,826 4,903
変動幅 100% 113% 113% 114%


ここ最近、為替相場が大きく変動しましたので、海外からの輸入金属くずが値上がりしております。

「キロあたり10ドル」と価格交渉が成立したとして、輸入原価は1ドル80円ならキロ800円ですが、1ドル90円だとキロ900円になってしまいます。

為替が13%変動=仕入れ価格が13%上昇するなら、販売予定価格も13%上昇しないと利益率が悪化します。

ここでは、一応国内金建値が為替の変動に連動しているかを検証してみました。


一応このサンプルでは連動していますね~。

例えば1ドル80円のときに1,000万円で輸入していた商品が、1ドル90円だと1,125万円になる訳ですが、売値も同じように上昇するので、仕入れ価格の上昇は気にしなくて良い・・・ということになります。

自分で検証してみると、少し気が楽になりますね~。


ああ、今日のこの検証に嘘偽りはございませんが、鵜呑みにしないようにしてくださいよ。

都合の悪いデータを載せていないかもしれませんし、どこにステマが潜んでいるかもしれません。

大体、ネットに出てる話なんて嘘ばかりですからね!


本日のブログに出ていたデータは、ご自身の考えをまとめたり、新たな可能性を探るきっかけにしていただければいいな・・・と思います。

間違っても、「円安になっても商売何も変わらないんだ!」という短絡的な考えはお止めください。

あくまで「この例だと、こうなる」という、無数にあるシミュレーションの一つに過ぎませんので。



この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:金(gold)を含んだ資源の輸入事業に対する影響評価 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事