大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 天皇陛下が生前退位の意向 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

天皇陛下が生前退位の意向 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2016/07/18(月) 05:41


先週土曜日から月曜日までの三日間、世間様では三連休だったのですね。


土曜日にその事実を知りました。





何だかんだと、日本は休日が多すぎる・・・ような気がするんですけどねえ。





狭い国土、痩せた土地、資源なし。


日本という国は、国民が働いて富を得る以外に、生きていく手段の無い国です。





他の恵まれた先進国のように、「ゆったり」とした暮らしは出来ないものと、諦めた方が宜しいかと思うんですが・・・。







さて先週は、天皇陛下が生前退位の意向を示されたということが、大きなニュースになっていました。





ちょうど一週間前の月曜日、珍しく天皇陛下について、少しだけブログの話題にしていましたから、とてもタイミングが良いのか悪いのか。





一週間前の記事を読み返してみたのですが、徹夜明けに書いた原稿でしたから、何が言いたいのかよく分からん・・・。





皆さん分かったかなあ?


折角のタイミングなので、もう一度違う表現で書いておくとするか。







今上陛下と、私の父親(故人)は、同じ昭和8年の生まれでした。


「同い年のおっちゃんでも、えらい違いだなあ・・・」





子供の頃、よくそんな事を考えていました。


正確に言うと、私が子供の頃は「昭和」の時代でしたから、父親と皇太子が同じ年の生まれということです。





「えらい違い」って関西弁なんですが、「ずいぶん違う」という意味です。


同じ年の生まれ、同じ人間なのに、立場や生活がずいぶん違うと感じておりました。





私が子供の頃に、天皇という存在に対して、敬意を持っていた訳ではありません。


今でも敬意を持っているかというと、持っていないかも?





ただ、天皇家の血統の利用価値は、日本人にとって非常に大きい。


唯一無二の「血統」なので、とても大切にすべきだと考えています。





見たことも話したこともない方ですから、尊敬しろと言われても無理。


ただ血統に基づく重要性は理解しているので、「大切にしましょうね」と考えている訳です。







さて、天皇家の血統がなぜ大切なのか?


私なりの考えを、説明しておきますね。





「血統が大切」と言いますが、物理的な血統が絶対的では無いと思います。





今上天皇で第125代かな?


その長い歴史の中で、継体天皇の血統への疑問、その他のすり替え説、后の浮気説など、実は血統が変化しているという説は多くあります。





歴史の中で、血統が変わってしまっているかどうか、これは絶対的な問題ではないと考えています。


血統で売値が変わる動物じゃないんで、天皇家の血統がどうこうという問題は、副次的な問題です。





大切なのは、「男系男子で世襲」されるという制度かと思います。





この制度により、日本の歴史上のいかなる権力者も、天皇になることは出来ませんでした。


「自分の娘を天皇の后にして、生まれて来た子が天皇になる」ことが限界です。





つまり、天皇の外祖父になることが、権力者の限界・・・ということになります。





国土が占領されても、政府が乗っ取られても、天皇家だけは乗っ取る事が出来ない。


この事実が重要なのであって、大昔に血統の問題があったかどうかなんて、どうでもいい話です。


今の天皇家の血統が正統だとして、その血統を守っていけば良いだけの話。







なぜ血統を守っていかなければいけないのか?


そのあたりからの話が、先週ブログに書いたような話になります。





もし将来、正統な日本国政府を名乗る、複数の政府が誕生し、「正統な日本政府はどれ?」と考えなければならない事態に陥ったとき、どうします?





例えば、日本の国土内に、東西二つの政府が誕生した場合。


あるいは、海外に「正統な日本政府」を名乗る、亡命政府が誕生したような場合。





日本国、あるいは日本国政府を名乗る、複数の国家や政権が誕生した場合、ホンモノをどのようにして見極めるか?





そんなときこそ、天皇の出番です。


天皇を奉っている国が、正統な日本国であり、天皇から任命されている政府が、正統な日本政府である。


私たちはこれまでの歴史で、そのルールでやってきたわけです。





「天皇」という存在がある限り、日本国とは何か、日本人とは何かという定義に関して、非常に明快な答が出てくるということです。


もし将来、米国のように大統領、中国のように政党のトップが国家元首である国家が、この日本列島上で誕生したとしても、それは正統な日本国ではない。





天皇を国家元首としている国だけが、「日本」である。


そしてその天皇には、いかなる外部の者も成り代わることが出来ない。





このように、日本国民にとって非常に有用な存在が、天皇だと思いますよ。


いざと言う時の、「目印」ですね。





私が考える天皇という存在について、出来るだけ分かりやすく書いたつもりです。


天皇とは、目印なり!





「目印」という表現を、少し難しい言葉で言うと、





「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」


という、日本国憲法 第一条 になる訳です。





「象徴」と言われても、よく分からんです。


天皇は、正統日本国および日本国政府であるかを判断するための目印。





少なくとも、自分の子供には、そう教えておきますわ。


この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:天皇陛下が生前退位の意向 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2023年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事