大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 積載台数が収益に与える影響 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

積載台数が収益に与える影響 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2016/07/20(水) 05:28


最初にお詫びから。


7月15日にママチャリの買取価格を1,200円/台から1,100円/台に引き下げ、その際に「このままなら、8月には1,000円/台に引き下げる」と予告しました。





その話ですが、訂正いたします。





引き下げをやめて、元の価格に戻す・・・という話なら良いのですが、残念です。


前倒しで、本日7月20日より即日1,000円/台に変更させて頂きます。





「舌の根の乾かぬ内に」とは、まさにこのこと。


「7月中は1,100円で頑張る・・・」とまで書いていたのに、わずか5日で辛抱できずに変更することになりました。







理由はシンプルでしてね。





1,100円/台に引き下げても、アホみたいに依頼がやって来る。


ここで言う「アホみたいに」とは、「非常に多くの」、「馬鹿馬鹿しくなるくらい多くの」という意味です。





数百台単位であったり、自転車をコンテナ単位で買って欲しい・・・という依頼が非常に多いため、これ以上、採算割れの危険すらある価格で買えないというのが現状です。


この暑い中、超薄利で仕事をするまでは辛抱しても、赤字を出してまで仕事することは出来ません・・・。


中国人じゃないんだから。






7月15日までに、仲間業者からコンテナ単位で買った自転車だけで、約3,000台。


1コンテナあたり数万円の利益だから、輸出検査でX線検査を命じられただけでも、利益はパー。





請求書と比べて実際の積込台数が少し少なかったり、積み込んだ自転車の種類に間違いがあっても、利益が無くなる。


品質が悪い自転車が多く積まれていた時には、利益パーどころか、即赤字転落。





そんな綱渡りを、これ以上続けることに意味がない。


ということで、まずは自分の身を守ることにいたしました。





ちなみに7月に多くの自転車コンテナを買った会社ですが、中古自転車ビジネスに関わる人ならば、多くの人が知っているような有名企業(?)もあります。


取扱数量が多いのでバイヤー連中に有名ということもあるのですが、中古自転車の買い取りを行っている他社と張り合って、高値で買い取ることでも有名な会社です。


その会社も、現在は一台1,000円での買い取りです。





そりゃそうだ。


ここしばらく、その会社が出荷する自転車コンテナの全てを、ウチが買っているんだから。





ウチ以上の値段で買える訳がない。


赤字覚悟でなければ。





お詫びしないといけない立場なのに、偉そうなことを書いて申し訳ありません。


もう一回、謝っとこ。






すいませんでした~!







さて今日の本論は、中古自転車貿易の業界内部の話でも書きましょうかね。





最近業界では、積載台数を厳しく指定されることが多くなっています。


「1コンテナに600台以上入れること」などという条件が付いてくるんですね。





40ftコンテナに、何台の自転車を入れることが出来るか、みなさん知っていますか?


大人用自転車ばかりを積み込んだ場合、慣れない人が積むと500台を積むことが難しいと思います。





ウチも初めてコンテナ積みをやった時は、490台くらいしか積めなかったんじゃないかな?


大体、そんなものだと思いますよ。





それを、600台積めと。





最近では、そのくらいを要求されることがほとんどです。


600台積むことを前提に、価格が決まって行くんですね。





理由は、輸送コストと税金コストを削減するためです。


500台積みでも、600台積みでも、輸送費は同じですよね?




税金に関しては送り先の国によって事情が異なりますが、多くの国では「1台いくら」じゃなく、「1コンテナいくら」という方式が採用されています。


もっとも、それは税金じゃなくワイロだという噂もありますが、ウチは外国の港に商品を到着させるまでが仕事ですから、外国の国内事情にはタッチしていませんので、知りませ~ん。





とにかく積載台数に関わらず諸経費は一定ですから、「より多く積め」という要求が来るわけです。





積載台数の変化によって、どれだけ収益に影響があるか?


今日はサービスで、それを教えちゃいましょう。




さすがに具体的な国名は勘弁していただきますが・・・。





まず、日本国内のコンテナ積み込み場所から、送り先国で自転車を積み下ろすまでの諸経費合計が、1コンテナあたり6,985ドルです。


輸送費、税金、相手先国での人件費まで、全てを加味した諸経費です。




これを500台で割ると、1台あたり13.97ドルの諸経費になります。


1ドル=100円とすると、1,397円ですね。





ちなみに600台で割ると、11.64ドルですから、同じく1ドル=100円で計算すると、1,164円になります。





1コンテナに600台積めば、1台あたりのコストは1,164円で済む。


1コンテナに500台しか積めないと、1台あたりのコストは1,397円になる。


その差額、実に1台あたり234円にもなります。





そりゃ、「1台でも多く積め!」という話になりますわな。


この薄利の時代に、1台あたり200円以上もの差額を、利益で穴埋め出来ませんもの。





だからこそ、弊社の自社積込で「500台しか積めませんでした~」なんて涼しい顔をして報告されたら、キレます。


同じことを何度も繰り返すなら、容赦なくスタッフの入れ替えをしなければならないくらい、切実な話です。


給与取りの皆さんは、イマイチ現実味がないようですが・・・。





コンテナ単位で買う場合も、積込台数が少なかったら、ペナルティを取らなければなりません。


先述の通り、1コンテナあたり数万円の利益見込みでやっているのに、積載台数が少ないことにより10万円単位で計算違いを出されたら、「カネ返せ!」としか言いようがありません。






実は気心の知れた仲間業者からコンテナ単位で買う場合、以前から「積載台数によって支払金額を変える」というやり方を行って来ました。


「ギリギリの値段で買うけど、責任は自分で取れよ!?」というやり方ですね。





だって気心の知れた仲間から、「ペナルティ」とか請求できないもの。


諸経費から当社の手数料まで明示して計算しますので、もしニーズがあれば、この方法で取引させて頂きます。







とにかく、「積載台数」が買取価格であったり、利益に与える影響は、非常に大きいということです。





画像は、昨日弊社で積み込んだコンテナの画像です。


隙間なく、「1台でも多く」の気持ちで積み込まれているなと感じます。





輸送コストの削減が、最終的には買取価格のアップにつながりますので、懸命にやらせて頂いております。


でも、これ以上は無理。




通常1コンテナに600台の積み込みのところを、涙ぐましい努力の結果で610台積み込めるようになっても、700台は物理的に無理なんです。


もう限界。





買取価格を引き下げるという方法は、関係各位の生活にも直結する大きな問題ですから、最後の手段だということは理解しております。


販売先との交渉により販売価格をアップさせ、経費節減もギリギリまでやった。





手前味噌ですが、「もう残された道は仕入価格の引き下げしかない」という状況ですから、胸を張って(?)引き下げさせて頂きますわ。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:積載台数が収益に与える影響 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2023年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事