大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 長距離移動は注意・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

長距離移動は注意・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2014/07/21(月) 06:21

日曜日に北海道から大阪へと戻りました。

私の滞在中は曇り空の日が続きまして、仮に観光目的での訪問なら、少々残念な空模様。

このため、最高気温が25℃程度の日が続きましたので、私にとっては快適に過ごすことができる好天となったのでした。



昨日は関東南部で大気が不安定になり、局所的な大雨の影響で東海道新幹線が一時運転停止になるなど、交通機関に大きな影響が出たようです。

交通機関の乱れなどが出た場合、当然のごとく首都圏のニュースが優先されるのですが、実は大阪でも同様にゲリラ豪雨的な大雨があったのです。



交通機関も乱れましたよ~。

何しろ、北海道から大阪まで、飛行機で4時間半も要するハメになったのですから・・・。



昨日私は、13時ちょうどに北海道を出発する、大阪空港行きのフライトに乗りました。

大阪までの飛行時間は、約2時間弱という所でしょうか?

ビールでも飲みながら昼食をとり、ほろ酔い気分で飛行機に乗り込めば、15時前には大阪へ到着できるスケジュールです。



ラーメン食って、枝豆をつまみにサッポロクラシックを一杯だけ飲みました。大ジョッキですが。

この日は少々汗を流しており、前夜の睡眠不足と重なって、あっという間にホロ酔い気分。

搭乗時間が迫ると、搭乗口付近の待合場所で本を読み始めたのですが、搭乗を待ちきれずにウトウトとしてしまうほどでした。



そんな状態ですから、飛行機に搭乗してからの記憶がほとんどありません。

おそらく、自分の座席に座ってシートベルトを締めたら即、意識が飛んだのだと思います。

次に意識が戻ったのは、着陸の衝撃で目が覚めた時という、ある意味とても幸せなフライト・・・だと思っていました。



着陸した私は、「あ~よく寝たな!」と、とても幸せな気分になっていたのですが、スチュワーデス・・・じゃない。今はキャビンアテンダントって言うのかな?

キレイなネーチャンなのですが、おかしなことを言います。

「当機は、ただいま関西国際空港に着陸しました」



「おう。ネーチャン。間違えてるよ。」

「関西国際空港じゃなく、大阪国際空港だよ。」

そんなツッコミをしてやりたいところですが、単純な言い間違いだろうと、大して意にも介していませんでした。



ところが、窓の外を見てみると・・・

「あれ?」

すぐに理解できたのは、「ここは大阪空港じゃない」という事実です。



大阪空港は住宅や商業地などがすぐ横まで迫っていますので、どこを見ても特徴ある景色になっていますから、飛行機の中からでもすぐにわかります。

それなのに、自分がいる空港はだだっ広く、滑走路しか見えない。

「まさか、本当に関空にいるのか?」



ほんの一瞬、「自分は酔っ払って、飛行機に乗り間違えたか?」と考えましたが、自動改札を通って搭乗ゲートを通過しているのだから、そんなハズはありません。

何かの事情で関西国際空港に着陸することになったのでしょう。



しばらくして、機長のアナウンスがあったのですが、どうやら悪天候のために、一旦関西国際空港に着陸したらしい。

しかも、目的地変更ではなく、天候が回復するのを待ち、再び大阪空港へ向かって出発するとのこと。



マジかよ・・・。

「俺は関西空港で良いから、ここで今すぐ降ろしてくれ。」



関西空港と大阪空港は、羽田と成田ほどは距離が離れていません。

例えば、大阪市内に住む人間にとっては、どちらでも大きく変わらないというのが実際のところでしょう。

私と同じ思いの乗客が多くいたようで、キャビンアテンダントにそんな要望が伝えられていたようです。



しかし、機長から再びアナウンスがあり、多くの飛行機が関西空港へ避難(?)して来ており、関西空港で乗客の受け入れが出来ないとの理由で、やはり大阪空港へ向かうとのこと。

・・・まあいいや。もう一回寝よ。



結局、再び関西空港を離陸したのは17時15分ごろ。

大阪と北海道を往復できるくらいの時間を要してしまいました。



しかしまあ、「関西空港発、大阪空港行き」という、とても珍しいフライトに乗ることが出来ました。

「成田発、羽田行き」とか、「中部空港発、県営名古屋行き」などというフライトと同様、関空発伊丹行きのフライトは存在しませんし、バスや電車で行ったほうが早い。



そんな貴重な体験が出来たと、密かに喜んでいたのですが、やはり長時間のフライトは疲れますね~。

総所要時間が4時間半以上でしたから、ベトナムから日本へ帰るときくらいの時間を要しました。



長距離移動は、こういうことがあるから注意・・・ですね。





この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:長距離移動は注意・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事