大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 自分の甘さを反省 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

自分の甘さを反省 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2014/07/18(金) 05:09


実は昨日木曜日、九州から名古屋へ戻りました。

名古屋を出発したのが火曜日ですので、二泊三日の九州ツアー(?)から戻ったことになります。



私が中部ヤードへ戻ると、母国へ一時帰国していたアフリカンも、1ヶ月以上ぶりにヤードへ顔を出してきました。

日本とアフリカは遠距離であり運賃もそれなりに要しますので、頻繁に往来するわけにはいきません。

そんな訳で、彼らは一度帰国すると、結構長い間、母国に留まります。



わが社の自転車バンニング(コンテナ詰め込み)を支えてくれていた大切な協力者ですので、不在の期間はバンニングが円滑に進むか大きな不安を抱えておりました。

この問題に関しては、予想外(?)にわが社のオッサン達が奮闘しましたので、不在期間も問題なくコンテナを出荷することが出来ました。



正確に言うと、一人だけ帰国しないで日本に留まっていたアフリカンがいましたので、彼の働きによるところが非常に大きい。

しかしまあ、屈強なアフリカン不在で、日本人スタッフ(オッサン)でもバンニングが出来ることが証明されたことは、大きな収穫ですし、彼らも多少の自信がついたことでしょう。



さて、九州へ行っていた話に戻ります。



自らトラックのハンドルを握り、往路は高速道路をぶっ飛ばして行って来たのですが、帰路は高速道路を使用せずに、ほとんどの区間を一般道を使用して帰ってきました。

また多くの方に、「ヒマな奴だな~」とか、「そんなにカネを溜め込んで、どうするの?」とか言われそうですね。

実際には、あまり暇がありませんし、貧乏ですからカネを溜め込んでいるわけでもないのですが、全線一般道を使用することによる効果や影響を検証、体感しておきたかったのです。



どういうことかと申しますと、現在わが社には長距離運転が可能なスタッフが不足しております。

ハッキリ言えば、社長の私か、番頭のスズシゲ君しか長距離運転に耐えることが出来ません。

長距離運転なんて、アホでも出来る仕事(失礼!)ですが、それすら出来ないのは理解に苦しむのですが、出来ないものを無理にやらせるのは危険ですから、そのようなことは絶対にしません。



とは言え、会社幹部が長距離ドライバーを務めるのは、会社運営上好ましいことではありません。

いつまでもそんなことを続けるわけには行きませんので、長距離運転も可能な人間を採用して追加で入れるか、あるいは出来ない人間と入れ替える必要があります。



そんな観点で、一般道走行試験を行ったのですが、どういうことかご説明しておきますね。



高速道路を走行すると、時間の節約にはなるのですが、高速料金がかかります。

燃費も悪化しますので、余分な燃料代もかかります。



高速料金については、ネットなどでも調べることが出来ますが、燃費については実走行してみないと調べることが出来ません。

また、疲労度についても体感しておかないと、だれか他人に業務を任せたときに、スケジュールの組み方が甘すぎたり、キツ過ぎたりする可能性があります。

自分で体感しておけば、適度な強度の業務を命じることが出来ますから♪




具体的な数字でご説明しましょう。


名古屋から約900km離れた目的地へ向かった訳ですが、高速料金は30%割引の深夜割引適用で、14,250円でした。

所要時間は、絶対必要なトイレ休憩込みで約12時間というところでしょうか。

使用した燃料は、171リットルです。



まず、「900kmで12時間」という数字、皆さんはどう感じられます?

平均時速は75km/hになりますね。

本当にトイレだけの小休止を2~3回で、あとはずっと走り続けても、荷物を満載したトラックはこんなものですよ。


燃費に関しては、900kmで171Lですから、リッターあたり5.26kmほどになります。

軽油代は、リッター150円として25,650円。



全線高速道路を利用した往路については、12時間の時間と39,900円の経費を要したことになります。




さて、次はほとんど一般道を利用した帰路のお話です。



まず高速・有料道路の料金ですが、1,460円分使用しました。

最初に関門トンネルで210円。これは絶対に必要ですねW



あと、九州から名古屋へ戻るには、近畿圏を通過しなければなりません。

もちろん、近畿圏も高速道路を一切使用せずに通過することが可能ですが、夜間ならともかく、日中に通過するなら、さすがに効率面で問題があります。

近畿圏のほぼ西端である姫路付近から、大阪の都市圏を抜け切ったあたりまで、有料道路と阪神高速道路を利用すれば、大幅に時間を短縮できます。

この料金が1,250円でしたので、合わせて1,450円の有料道路料金となりました。



所要時間は、トイレ休憩込みで約20時間。

途中での睡眠時間やお客さんのところを訪問していた時間を差し引くと、こんなものです。

ちなみに、使用した燃料は144リットル。



やはり、一般道利用ですと燃費が伸びますね~。

高速道路利用と比べてゆっくり走りますからアクセルの踏みが浅いし、山陽道や九州道と比べるとアップダウンも少ないのです。

燃費は6.25km/Lにアップし、軽油代は21,600円ということになります。



ほぼ全線一般道路を利用した復路については、20時間の時間と23,050円の経費を要したことになります。



さて、両者を比較してみてください。


高速利用で、所要時間12時間の39,900円です。

一般道利用で、所要時間20時間の23,050円です。


その差、実に8時間で16,850円。



8時間で、16,850円の、ほぼ純利益を生み出せるのです。

もちろん、「オレならもっと利益を上げる」という方が多いと思いますが、今回のケースでは、4トントラックを転がすだけで、一時間2,000円以上の純利益です。

「純利益」と強調していますが、さすがにその意味までは説明しません。

労働者様以外なら、ご理解いただけると思いますので。




そろそろ結論ですが、今回の実験の結果なのですが、アウトソーシングや雇用の余地があると考えられるのです。


何しろ、一般道を利用するだけで、片道16,850円、往復33,700円の効果がある訳ですから、話が早い。



例えば、「日当1万円で、3日間かけて九州へ荷物を取りに行ってくれ」と、手っ取り早くスポットの仕事として依頼する方法があります。

もしくは、日当一万円計算で、自社スタッフにより運営することも出来るでしょう。



これらの方法なら、実質追加負担ゼロというのがミソです。

何しろ、道路会社と燃料代に使っていた費用を、人件費に振り替えるだけです。

これまでと同じ費用で、同じ業務が可能であり、プラスアルファで、私は「時間」を得ることが出来ます。


その時間を利用して、私が新たな利益を創出することが出来れば、会社は儲かりまんがな・・・。



今回の実験の結果で明らかになったことは、弊社業務では基本的に高速道路を使うべきではないということです。

多くの運送会社と同じですね。



ちょっと嫌な言い方になりますが、

高速道路料金以上の利益を創出できる人間は高速道路を使い、それが出来ない人間は一般道を走れということになるのでしょう。



高速道路利用のハードルは高いですよ。

何しろ一時間2,000円の純利益ですから、一時間5,000円ほどの粗利を稼ぐ人間でないと、高速道路を利用する資格がありません。



あなたは高速道路を利用する資格がありますか?

他人のことを言う前に、「自分はどうか・・・?」ですね。はい。

がんばります!




最後に、ブログをお読みの色々な方へのメッセージです。



まず、様々な会社で働いている立場の方へ。

今回私が行ったような実験というか検証を、経営者や上司に命じられる前に、自らで行ってみてはいかがでしょうか?


大変ですし、面倒くさいし、嫌なことではありますが、経営の視点で物事を観ている方からは大変喜ばれるでしょうし、あなたの評価が急上昇すること間違いありません。

ビジネス書なんて、クソの役にも立ちません。

身近な視点や出来事から、出来れば数字を挙げて論理的に利益向上の提案が出来れば、素晴らしい事だと思います。はい。




次に、現在の私と同じ、経営の立場の方へ。

今回の実験の結果で、問題点が浮き彫りになったように思います。



「社員は社長の代行者」的な考えが、果たして正しいのかどうか分かりませんが、大幅な社内改革は必要なようです。

今回の例で言えば、私が一人で高速道路をトラックで往復するのと、私は飛行機で得意先へ行き、スタッフが一般道路をトラックで往復するのと、総費用に変わりが無いことが判明しています。


自分でトラックを運転して荷物を取りに行くのが、この仕事の原点というか基本なのですが、経営的な視点では、(やはり)間違っていました。

肌感覚ではそれを理解していたのですが、今回数値に出してみると、あまりに明らかですね。

自分の甘さを反省しています。


あ、ヤバイ。もう時間が無い。

今日はこれから北海道へ向けて出発です。

さすがに飛行機で(笑)。




この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:自分の甘さを反省 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事