大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

年末 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/12/27(金) 05:25


今日12月27日が金曜日ですので、いわゆる御用納めになっている方々も多いのではないかと思います。

カレンダーの関係で、新年は6日月曜日から営業というところが多いのではないでしょうか?



弊社は世間様より少し遅くまで営業していることが求められるサービス業ですので、年末は30日まで営業させていただくのですが、一部予約いただいている業務がありまして、31日大晦日や正月休みに荷受をする予定も入っております。

世間では、正月休み中などの長期休暇の際にしか出来ない作業や工事もあるようですので、我々も可能な限りニーズに対応したいと考えております。

弊社ホームページトップに記載しているとおりなのですが、検索などでこのページに来られて、正月期間中の荷受をご希望の方がおられましたら、弊社までお問い合わせください。

大変限定的ではありますが、当番スタッフの出勤日、出勤時間と重なりましたら対応が可能なことがあります。




という訳で、まだ今年のまとめ的なことを書くような状況ではありません。

いや、一つだけ愚痴っておきましょう。



今年のはじめ、「金相場が史上最高値」なんていうニュースが流れていたことをご記憶でしょうか?

当ブログでも取り上げたことがあるような無いような・・・。


2月のはじめには、近建値がグラムあたり5,000円を超えるような高値をつけていたのですが、これは金相場の高騰が原因でなく、為替が円安になったことが原因です。

念の為に説明しておきますね。

金相場は、「ドル建て」で世界的な相場が決定されます。

1ドル=80円の時に、日本円で4,000円だった商品があるとしましょう。

為替が変動して1ドルが100円になると、その商品は日本円で5,000円になります。

この原理で金価格が高騰していたのが今年のはじめ頃の話です。



ところが・・・。

それ以後、金の相場自体がガタガタです。

今年の1月から2月にかけての金相場は、オンスあたり1,500ドル後半から1,600ドルあたりでした。

ちなみに本日12月27日時点での金相場は、オンスあたり1,210ドル。

約25%も下落しているんですわ・・・。



日本円ベースでの金建値で言うと、昨日12月26日時点でグラムあたり4,080円ほど。

今年最高値がグラム5,000円を突破していたことを考えると、やはり20%以上下落している計算になります。



円高対応・・・というか、為替へのリスクヘッジとして、海外からの輸入事業に本腰を入れ始めると、為替は円安へと進む。

鉄、非鉄金属相場への対応として、貴金属、レアメタル事業に本腰を入れ始めると、商品相場は下落する。

何だか、ツイていないな~。



事業で損害を出したわけではありません。

正直申し上げて、多少は利益を出させていただいております。

でも、私の脳内では大儲けをするはずだったんですが・・・ね。



どんな事業でも、大儲けを出来るほど世の中が甘くないことは分かっているつもりですが、大儲けできなかった原因を、為替や商品相場のせいだと思いたいのです、はい。

来年こそは、為替や相場などの「天の恵み」が良い方向に働いてくれることを強く望みますし、私自身もより積極的に勝負をかけようと決意している次第です。



あれ?

書いているうちに、今年のまとめみたいになりました。

う~ん。

次回更新は私の気分次第。

年末にもう一回更新するかもしれませんし、年始になるかもしれません。



仕事を終えれば、次は家の掃除をはじめとしたプライベートな整理をしないといけないし、死にかけてるオヤジの見舞いにも行かないといけない。

中年は多忙ですね。



この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:年末 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事