大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

5月20日 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/05/20(月) 05:23

大阪市の市長であり、日本維新の会共同代表である橋下徹氏の発言が波紋を広げています。

先週に「本音を言いすぎ」という趣旨の評価をしていたのですが、それ以後、海外からの反発報道や所属議員による問題発言等で傷口が広がりましたかな?

あ、所属議員による問題発言とはですね・・・

日本維新の会所属の衆議院議員である、西村眞悟衆議院議員の発言のことです。

「日本には韓国人の売春婦が大勢いる」という発言をしてましたわ。


殆どがどうでも良い話なのですが、勉強になったこともあります。

特筆すべきは、「風俗産業」について・・・だと思います。

まず、日本における合法の風俗産業について、英語で適切な表現が無いという事実を知ってビックリ。

風俗産業=売春・・・なんですな。少なくとも米国では。

そのため、橋下市長による「性犯罪抑止のための風俗利用」が、「売春婦を使え・・・」みたいな報道に変化しているようで。


これは私も知りませんでしたわ~。

橋下市長もこの点を良く知らなかったようで、「国際感覚に乏しかった」と自戒しているようです。

こんなことを知っていても自慢にならないのですが、「日本には合法の風俗と非合法の風俗があり、合法の風俗利用を勧めた」という事実は、しっかりと主張したほうが良いのでしょうね。

本音と建前の国である日本では、売春禁止という世界標準の建前は守りつつも、合法風俗産業という抜け道により、本音の部分をカバーしているわけです。

本音の部分とは、法で禁止しても売春は絶対に無くならないので、合法の部分を用意したほうが管理も容易・・・という現実です。


もう一つ勉強になったことがあります。

橋下市長の発言であったり、私の書いていることであったりと、少なくとも男性の目線では当たり前の話であっても、多くの女性は反射的に嫌悪感を示すのだ・・・ということを改めて知りました。

これは純真な乙女の反応という意味ではなく、女性というより「元女性」と言ったほうが的確な妙齢(?)の女性まで、キンタマをぶら下げていない多くの方は、拒否反応を起こすようです。

アタマでは理解しているけど、受け入れ難い・・・ということのようです。

これが女というものなのでしょうか?



あとですね~、西村眞悟衆議院議員の発言はいけませんな~。

発言の内容が事実と異なる・・・とは申しません。

でもね、わざわざそんな発言をする必要が無いでしょ?

日本人でも米国人でも、おそらく世界中の、あらゆる国籍の売春婦が存在するハズです。

つまらない喧嘩を売るような行為は慎むべきですな。


でもこんな発言、問題視すること無いんですけどね。

政府としての見解・発言では無く、国民の代弁者としての一議員の発言ですから。

一議員の発言ならば、海外には「日本に原爆落とせ」くらいのことを言う議員も大勢いるわけです。

日本にも、「沖縄は独立しよう!」などと発言する議員もいるわけで、そんな阿呆な発言も含めて、議員は多様な意見を言っていいんです。

そんな中で、一番多くの国民の支持を得た政党が政権を握り、内閣を構成する・・・というのが日本の仕組みです。

議員には、好き勝手言わせてあげましょう。





この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:5月20日 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事