大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 景況は上向きなのか? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

景況は上向きなのか? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2012/12/20(木) 07:04

円安・株高が今のところ順調に進んでいますね。

ご承知かと思いますが、19日の日経平均株価は1万円の大台を回復 し、前日比で約237円高の1万0160円40銭で取引を終えました。

ちなみに、今年最大の上げ幅だそうです。


自民新政権が金融緩和強化などデフレ脱却に向けた政策が実現するとの予測→為替が円安傾向→輸出関連株の買いを誘い株高

という、長らくお目にかからなかったような好循環ではあります。

このタイミングで大胆な金融緩和が実行されて、経済成長へ向けてさらなる加速をして欲しいものです。


中古機器や金属資源の輸出に関与する身としては、円安進行は真に喜ばしいことなのですが、今週はじめに海外出張へ出かけていたように、最近では輸入事業も行っておりますので、手放しでは喜んでいられません。

ただ、円安によって国内産業が活性化されることのほうが、トータルで考えればプラスだと思います。

また、円安によって輸入原価は上昇するものの、LMEをはじめとするグローバルな金属相場の日本円換算値は上昇しますので、理屈の上では、仕入れと同時に売り上げも上昇することになります。


私は、経済学について詳しくありませんが・・・

1.円安=輸入原価が上昇する。
  例えば、為替が5%円安に変動すると、仕入れ価格も5%上昇する。(100万円が105万円になる)

2.金属価格が為替の変動と同じ幅で上昇する。
  為替が5%円安に変動すると、金属価格=売り上げも5%上昇する。(120万円が126万円になる)

という理屈が成り立つのかな?

上記の例でいくと、5%仕入高と売上高がアップすることになるじゃん。

利益も20万円から21万円にアップするか♪


そうか。逆に円高に変動するケースだと、5%仕入高も売上高もダウンするんだ。

この局面だと、利益も余分に減少する計算になるな。


分かったような、分からないような話だ。

でも、バランスシートと同じで、右の数字が動けば左の数字も同じだけ動くという原則に変わりはないけれど、動く数字が大きくなれば、最後に残ってくる数字(ここでは利益のこと)は大きくなるような気がするなあ~。


おそらく、「為替が良い、悪い」という考え方を行うと、物事の本質を見失うんだろうなあ。

「日本円計算で、商品価値が上昇するのか、下落するのか」という考え方を行い、「商品価値が上昇するのが良いこと」とするのが正解なのでしょう。

日本円を求めて商売している上では、円安になると輸入がどうだ、輸出がどうだなんて為替を気にかける必要はない・・・ように思える。

良く分からないけれど、本能的(?)に良い予感がします。



そう言えば、お隣の韓国でも大統領選挙が実施され、新大統領が決まったようですね。

今年は、アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮と、日本の隣国の指導者が入れ替わったり、選挙が実施されたりした激動の年だったんですね~。

後から考えれば、時代の移り変わり、節目の年だったのかも知れない。


今年も残すところあと10日ほどです。

同業者各位は業務のピークを迎えようとしておられるかと思います。

忙しいとは思いますが、事故防止や体調管理に気をつけてくださいね~。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:景況は上向きなのか? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事