大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 奥歯にモノが挟まったような話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

奥歯にモノが挟まったような話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2012/09/29(土) 07:16

昨日は当社在庫商品の中で、パソコンなどに使用されている「メモリー」の整理を行っておりました。

一口に「メモリー」と言っても、多種多様なものがあります。

姿形はもちろん、重量もそれぞれ違うんですねえ。


まずは、一番軽いメモリーで、1枚約14gでした。






次に、こんなものもありましたよ。

こちらは1枚約18gか。

この計量器は2g単位の表示なのですが、16gと18gで表示がコロコロ変わってましたので、おそらく17gジャストくらいなのでしょう。






最後の画像がコチラです。

あれ?こちらは20gありますね。






「中古パソコンパーツ」としてのメモリーなら、何メガの容量だとか、DDRナンボだとか、CL2.5だとか、いわゆる「スペック」が問題になります。


一方、「スクラップ パソコンパーツ」としてのメモリーは、違った観点で査定することになります。

重量も、査定にかかわる材料の一つですねえ。


突き詰めれば、「どんな石がどれだけ乗っているか」がメモリスクラップの全てなんですが。


ところで、本日掲載した見本3種類ですが、厳密には大きく価格差があります。

当社ホームページでも、「メモリー1kg1,500円」と一括りで記載しているのですが、結構1枚1枚の価格に幅があるのです。

自然な配合で行けば「このくらい」という価格と、悪意があると「これくらい」という価格が存在します。

悪いやつに狙われたくないので、目立つような価格表示をしない・・・というのが、自己防衛方法の一つです。

実際に現物を見せていただければ、メモリーなんかでも相応の価格を提示させていただきます。

でも、モノを見ないで単価を付けろといわれると、キロ1,500円くらいの値段が無難です。


どんどん新しいパソコンスクラップが増えてきて、マザーボードなんかも価格が急落していますが、メモリーも他人事ではありません。

気をつけないと、「ガツン」と痛い目に遭いそうな予感です。

同業者各位様、ご注意を!



今日は久々に、とっても役に立つ記事だと思うんですけどねえ。

でも、謎かけというか、奥歯にモノの挟まったような書き方をしているので、興味のない方には意味不明な記事ブログでしょう。

ごめんなさい。企業秘密の部分が大きいので、ハッキリ書けません。

また、次の機会には、アナタにとって有意義な情報もあるかと思いますので、お許しくださいね。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:奥歯にモノが挟まったような話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事