大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • アタマの体操 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

アタマの体操 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2012/09/13(木) 06:50

今からちょうど一週間前のブログで、

「中東で強権者が打倒されても、待っているのはイスラム原理主義者によるイスラム回帰」


「独裁国家かイスラム原理主義国家かという、究極の選択」

なんてことを書いていましたが、リビアにあるアメリカの総領事館が襲撃され大使ら4人が殺害されるという事件が発生しました。

襲撃事件の発端となったのは、「イスラム教の預言者ムハンマドを冒涜(ぼうとく)したとされるアメリカ人監督による映画が動画サイトに流れた」ことが原因と報道されています。

なお、ロケットランチャーなども使用し、第一波、第二波と組織的攻撃が行われたようですので、一般市民(?)による犯行ではないわな。

独裁者による治安組織が無くなり、重石が取り払われた過激派により
相当な準備の上で行われた、計画的な犯行なのでしょう。

先日はシリア情勢の話題の中でこんな話に触れたのですが、こうなるのが目に見えていて、民主化という綺麗事だけで物事を見てはいけないよ・・・ということが云いたかったわけです。




さて、この他にも興味深いニュースが。実は今日の本題なんですが。


原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物の処分方法を検討してきた日本学術会議は11日、地下300メートル以上深くに数万年間埋める現行計画では国民 の理解が得られないとし、原則深さ数十~数百メートルの地中に数十~数百年間保管する「暫定保管」への政策転換と、廃棄物量に上限などを定める「総量管 理」を柱とする提言をまとめた。




簡単にまとめますね。

1.これまで、高レベル放射性廃棄物は、地下300メートル以上に半永久的に埋める方針だった。

2.
数十~数百メートルの地中に数十~数百年間の「暫定保管」に転換するよう提言

というのが柱です。


現在、欧米をはじめとする諸外国で採用されているのは「1.」の方針です。

というか、これ以外に方法がない。


残念ながら、現在の原子力利用に関して言えば、「ゴミ処理の方法が無い」というのが現実。

この点に関しては原子力利用の消極派が必ず指摘する点ですし、事実、最大の問題なのでしょう。


今回の提言は、

1.未来の人類が地下深くの放射性廃棄物を発見したとき、それが危険物であると認識するかに不安が残る。

2.将来の放射性廃棄物処理技術向上に期待し、再処理が物理的に可能な地点に保管しておく。

というところでしょう。


いやあ~日本学術会議の提言はさすがに良心的ですな。

大多数の国民が「なるほど」と考えるでしょう。



・・・ちなみに、私の見解は異なります。

この提言にはウラがあると考えるわけです。

アタマの体操をかねて、今回の日本学術会議による提言を推理してみてください。

私の考えは、大きくスペースを開けて、下の方に書いておきますので、皆さんそれぞれのアイディア・推理を楽しんでくださいネ。



















数十年にわたって原子力発電所を稼動しながら、そこから発生する廃棄物の最終処分場が建設されていないのが日本の現状です。

昨年発生した福島第一原発事故により、膨大な高レベル放射性廃棄物が発生しました。

それでも、最終処分場の建設が難航するのが、現在の日本の実態です。


福島第一原発事故に伴って発生した高レベル放射性廃棄物なんて、現実には福島第一原発地下に埋めるしか方法が無いでしょう。

百歩譲っても、福島県外に搬出するのは不可能。(受け入れ先がある訳ない)




「何かウルトラCが必要だな~」

「よし。最終処分の定義を変えてしまおう!」


「国が変えるっていうんじゃなくて、民間から変えろという意見が出たほうがいいな。よし、根回しじゃ~」



「暫定保管」に方針を転換し、今の時代での最終保管を行うようにしてしまえば、福島第一原発の地下に、原発事故での高レベル放射性廃棄物を暫定保管することも可能でしょう。
これが一羽目の鳥です。


現時点での科学技術では最終処分なんだけど、科学技術の進歩に伴って最終処分じゃなくなる。
そのためには、原子力に関する研究を続けないといけないわな。
予算も要るし、原発を動かし続けて各種研究を続けないといけないかもね。

これで一石二鳥の出来上がり~。


どこのどなたが描いた絵図か知りませんが、良い絵を描かれましたね。

さすが日本の官僚は優秀だわ。


最後に。

なぜ私がこんな考え方をするのか、ご説明しておきます。

今回に関しては、前出の記事の中の一文「
地下300メートル以上深くに数万年間埋める現行計画では国民の理解が得られないとし・・・」の部分で引っ掛かりました。

国民の多数は、現行計画なんて知らないんじゃないの? 何で国民の理解を得られないと考えるの?

という点が納得できずに、「何かウラがある」と考えはじめましたわけです。


別にこんなことを考えても、儲かるわけではありませんが、ひょっとしたら将来儲けにつながるかも?

それまでは、通勤電車でクロスワードパズルを楽しむオッサンと同じように、趣味で楽しんでいきますわ。


この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:アタマの体操 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事