大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

1月30日 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2012/01/30(月) 07:21

一月は正月休みからスタートするだけに、さすがにあっという間に過ぎ去って月末30日です。

今年は寒いね~。

電話で入ってくる情報によると、今年の北陸地方は相当な積雪だそうで。

確か去年はそれほどでも無く、一昨年度は12月が酷かったような記憶が・・・。

私も北陸は度々ハンドルを握って行きますからね~。

さすがに今の時期は積極的には行きませんが、引き合いがあれば北陸だろうが東北だろうが行きまっせ。


さて、1月の終わりと共に、当社の決算年度も終わりを迎えます。

12月末時点の試算で、昨年度より売り上げ増になっていることは確定していますが、今年は厳しい年だった。

3月の東日本大震災、その後の放射能騒ぎ、夏からの金属相場下落等々、まさに踏んだりけったりの年度でした。

一定の利益率を確保する必要はありますが、正直、一時期は売り上げ減も覚悟しましたからね~。

リーマンショックの2008年度以来、アレほどではないものの、非常に厳しい年度でした。

本来なら売り上げ減、利益減になって当然ともいえる一年だっただけに、わずかながらも増収増益で終えれることを、お客様をはじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。


昨日は久々にテレビを見る時間を長く取ることが出来たのですが、最近では消費税増税、税と社会保障の一体改革がテーマになっていることが多いようですね。

私は基本的に増税に反対ではありません。

特に間接税である消費税増税については必要性を認めます。

そういえば、かつての私の持論は

1.消費税9%引き上げ(14%)

2.消費税を財源とした、現年金制度の廃止と、65歳から月額10万円の国民皆年金制度導入

こんなことを広く訴えていました。


元々サラリーマン時代に年金保険に結構深く関わっていましたので、現行の自転車操業的な年金制度に大きな欠陥があることを認識していましたし、いわゆる「積み立て方式」に移行するためには、強制徴収力のある税方式にするしかないと。

現在の基礎年金よりも充実した額(月額10万円程度)を支給するための税額は、消費税換算で9%と算出しましたね~。

結構、難しいこともやってたでしょ?

まあ、これが良いかどうかは意見が分かれるところでしょうが、私は個人消費の拡大のためには、「年金暮らし」に希望を持たせることが最重要だと考えていましたのでね。

結局、景気回復を最優先に考えていたのは間違いないけど、前述のような考え方は、時の政権与党にはあまり好かれていなかったように思います。

「オマエは共産党か」なんて言われたりして。


今は「インフレターゲット」導入を前面に押し出した方が流行か?

10年近く前から言われてたし、有名どころでは、舛添要一さんなんかは、これに積極的だった記憶があります。

「2%のインフレを実現できれば、日本の名目GDPは4%成長になる」

歳出を切り詰めなければならないけど、歳入を増やす手立ても同時に必要ですから。

早いところデフレを退治して頂きたいものです。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:1月30日 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事