大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • チョイと円高ですね - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

チョイと円高ですね - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2017/11/29(水) 05:27


円相場が、9月以来の1ドル=110円台を記録するなど、為替が少々円高に振れております。


一応輸出企業である当社にとっては、決して面白い話ではありません。





今月は、為替相場で結構損をしております。


為替相場をビジネスにしている訳ではないのですが、こんなことがありました。







今月中旬、海外での運送費等の支払いのため、円をドルに両替する機会があったのですが、その時の実際の為替レートは、1JPY=0.088USD だったので、1ドル=113.64円ほど。





空港の両替だと、1ドル=114.64円でした。





それから約一週間後の今月下旬、海外での商品販売代金が日本へ送金されてきたのですが、その時の為替レートは、1ドル=110.47円。





当然、通貨の「買い」と「売り」ではレートが違うので一概には言えないのですが、決済した日のTTBを比較してみたところ、約1.5%ほど円高になっていました。


単純に為替だけで。1.5%損した…と言っても差し支えないでしょう。





わずか1.5%ほどではありますが、1,000万円の送金なら15万円にもなります。


当社のような小規模企業でも、一回の送金額が1,000万円ほどになりますから、為替の変動による影響は、決して小さくありません。





従来は為替変動のリスクを最小限に食い止めるべく、輸出事業と輸入事業のバランスを取った事業展開を行ってきたり、為替の変動と連動させた仕入価格変更など、様々な工夫を行っていました。


しかし約一年前に事業内容やシステムに変化を加えた結果、為替の変動がモロに収益に反映する状態になっています。





為替の影響を受けない企業経営が理想ではあるのですが、それを実現しようとすると、かなり幅広い事業展開が必要になるんでねえ…。


事業の選択と集中を進めようとすると、どうしても「将来に備えた」ような事業は、切り捨てざるを得なかったのです。







もちろん、為替の変動がモロに業績を左右する状態を放置しておくわけには行きませんから、輸出と輸入のバランスを是正することも考えてはいます。


まだまだ時間がかかりそうですけどね。





2016年の夏頃は、TTBで1ドル=100円を割り込むような場面もありました。


ちょうど、中古自転車の市況が最悪だった時とタイミングが重なります。





為替だけが原因ではないのですが、1ドル=100円を割り込むようなタイミングでは、中古自転車事業は非常に苦しくなるという認識に立つと、中古自転車輸出事業は、薄氷の上を歩いているようなものかもしれません







念のために申し上げておくと、「円高への備え」という意味では、輸入事業の増加によるリスクヘッジだけが唯一の方法ではありません。


円高により海外での商品価格が上昇しても、売れるものは売れる。





それもまた現実ですので、輸出アイテムを増加させるなど、輸出に更なる工夫を加えるのも、一つの方法論だと思っています。


表面に出て来る当社の活動としては、こちらの方が目立ちますね。





健康器具、雑貨、日用品、その他何でも、日本と現地との間で価格差があるものは、何でも輸出してしまう。


輸入事業の拡大と比べると、リスクヘッジの効果は小さいかも知れませんが、こちらの方が楽しいです。





将来起こりえる、情勢悪化に備えることは重要です。


でもそんな事ばかり考えていると気持ちが後ろ向きになるので、ガムシャラに前進することによって、ある種の恐怖感を打ち消している感じでしょうか?
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:チョイと円高ですね - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事