大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

凄いなあ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2017/07/28(金) 06:05


世の中では、「政治ワイドショー」に関する話題ばかりが報じられていますねえ。





最大の話題は、加計学園による獣医学部新設に関する話題かな?





あまりにもバカバカしいから詳細を書く気はありませんが、安倍総理に何の問題も無いし、国の手続きにも何の問題もない。


まさに火の無いところに、野党とマスコミが無理やり煙を立たせ、活動家がそれに乗っかかり、アタマが悪い人間のアタマを混乱させた。


そうとしか言いようがありませんわ。





こういう問題が起こるたび、マスコミ不信が高まりますし、どうしようもないアホ国民の多さに辟易しますわ。


私は若い頃に政治を志していたこともありますが、その道を断念した大きな理由の一つは、「こんな奴らのために、自分の人生を捧げられない」というものです。





「こんな奴ら」とは、一定の割合、勢力を占める、ごく普通の国民のこと。


例としては、今回マスコミに煽られているような人々を指します。





私なんかが公共への奉仕を断念しても、何の影響もなかったでしょうが、優秀な公務員や政治家たちの志と意欲が削がれて行くことは、とても残念ですねえ。


まあ今は昔と比べて情報源も多様化していますから、少しずつ自分のアタマで物事を考え、判断できる人間が増えることを祈るばかりです。





一般国民に対して、無差別に挑発的な文章となりましたが、一応これには理由があります。


最後まで読んで頂けると、その理由が分かるかと思います。







もう一つ政治ワイドショーネタですが、上西ナントカという、パンダみたいな女性国会議員のネタも、盛んに報道されていますね。


世間では「炎上商法」と言われていますが、まあそれに近いところなのでしょう。





私は一定の評価(?)をしていますけどね。


一言で言えば、「すごいね」と。





選挙の洗礼を受ける政治家の格言の一つに、


「悪名は無名に勝る」


というモノがあります。





「たとえ悪い意味での知名度でも、知名度が無いよりマシ」ということです。


私は、これは真実というか、核心をついていると思っています。





もう一つ、「人の噂も七十五日」という故事も、これまた核心をついているかと思っています。


世間で人があれこれ噂をしていても、それは長く続くものではなく、やがて自然に忘れ去られてしまうものだということです。





この二つの故事を、選挙というイベントに応用しようとすると、どう使うのが良いか?





そう。


悪名でも何でも良いから、とにかく名前を売っておいて、しばらく時間が経った後で選挙を迎えるのが良い…という結論になります。





皆、その理屈は分かっているのですが、現実に実行するか否かと言えば、中々できることではありません。


さすがにビビりますから。





その理論を、あそこまで徹底的に実践する根性はすごいですね。


そういう意味で、「すごいね」と。





彼女の選挙参謀、コーディネーターが、秘書なのか誰なのか知りませんが、「よくあそこまでやらせるなあ…」と。


あと議員本人も、「よくあそこまで実践するなあ…」と、感心しています。





現実問題として、小選挙区に無所属で立候補する限りは、当選の可能性は限りなくゼロに近いでしょう。


しかし大幅に知名度がアップしましたので、得票数を伸ばすことは間違いない。





どこかの政党の公認をもらえれば、比例復活も夢ではない。





衆議院の小選挙区がダメでも、参議院や地方議会へなど、選挙制度が異なる選挙へ立候補するなら、当選することも現実的になって来る。


おそらくそういう計算の下での炎上商法ですが、「自分に出来るか?」という観点で考えると、選挙参謀としても、候補者としても、あそこまで出来ません。





自分が出来ないことを出来る人って、「すごいな」と素直に思う。





蛇足かも知れませんが、あの炎上商法は、一応計算されていると思いません?


過激な発言で炎上している訳ですが、そのターゲットとなっているのは、最近ではサッカーチームであったり、そのサポーターであったり、政治家や芸能人などです。





投票に行きそうな有権者は、ターゲットにしていないんです。






彼女が、私が冒頭に申し上げたような、「アホな一般大衆」的な発言をしたなら、これは本当のアホ。


有権者を敵に回しますからね。





私が冒頭で書かせて頂いた、一般市民に対して敵対的な表現と、彼女の炎上商法の違いは、ここにあります。


分かります?





彼女は政治家ですし、計算された炎上商法ですから、今のところ一般市民は非難のターゲットになっていません。


決してアホでもないし、緻密に計算された、少々やぶれかぶれの色合いもありますが、「背水の陣」といったところでしょう。





彼女の次の選挙の結果は、選挙に関わる人すべてが注目する結果になるでしょうし、私も個人的趣味として注目しています。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:凄いなあ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事