大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 水虫での気付き - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

水虫での気付き - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2017/07/24(月) 05:55


今日は(も?)どうでも良い話。





実は私、「水虫」をもらいました。


左足の小指と薬指の間にかゆみを感じたのが、今から約一週間前。





最初は単なる皮膚のかゆみであることを祈っていたのですが、次第に強力なかゆみを感じるようになり、過去の経験から水虫であることを悟る。


この10年ほどの間、2~3年に一度は水虫になるなあ…。





中学生の時にインキンになり、20歳代前半に初めて水虫になり、その後何事も無く過ごしていたのですが、やはり共同生活の時間が増えた約10年前から、水虫になる頻度が格段にアップしましたね。


一体、どこで感染したのだろう?






勝手な思い込みかも知れませんが、「足ふきマット」が一番怪しい。


私は東京営業所に滞在中、スタッフと共用でシャワーブースを使用しています。





そのシャワーブースは、コンクリートの床の上にスノコを置き、そこからシャワーに入れるようになっていますから、足ふきマットなんて不要なんです。


足ふきマットというのは、シャワーから出たときの床がフローリング等の場合、床を濡らさないように使用するものです。





スノコが置いてあり、その下が水を流しても良いコンクリートであれば、足ふきマットなんて無用であることはご理解いただけますかね?


…誰が置いたか知りませんが、水虫の感染源としては一番怪しい。





鉄スクラップの相場が下がっても、仕事で多少のチョンボがあっても私は怒りませんが、水虫になったことには怒っています。


足ふきマットが原因と決まったわけではないのですが、私はすでにそう思い込んでしまっており、もう翻意は無理。





シャワーブース前で足ふきマットを見かけたら、即刻ゴミ箱にブチ込んでやる。





それだけじゃ腹の虫がおさまらないから、もし「足ふきマット、どこに行ったか知らない?」と訊ねてくる奴がいたら、考えられる限りの悪態をつこうと思います。





「何で足ふきマットが必要なんだ!? 状況を考えてみろ!?」


「お前のアタマの中身は、脳ミソが入っているのか、それともクソが入っているのか!?」


「うどんで首吊って死ね!」





そのくらい言えば、私の腹の虫も収まるかと。







「デラざっぴんの社長って、酷い人だねえ…。」と言われそうですね。


でも水虫って、とてもかゆくて不快なんですよ。





水虫の疑惑を抱いてから数日後の、疑惑が確信に変わったころ、数年前に患った水虫の時にもらった塗り薬を使用し始めました。


使用期限はすでに切れていますが、そんなことはあまり気にしません。







保存していた水虫の塗り薬。未開封品ですよ。さすがに。(笑)







使用期限は、2016 09 だから、まだ大丈夫!(根拠は無い)







塗り薬を使用し始めて数日が経過すると、患部に大きな水ぶくれが出来ました。


水ぶくれが出来たのが、良いことなのか悪い事なのか知りませんが、水ぶくれ周辺は痛みがあり、塗り薬の使用期限が切れていることもあって、さすがに少々心配になってきました。





そんな訳で、土曜日は皮膚科に行っていました。





皮膚科のドクター、顕微鏡で確認する訳でもなく、「たぶん水虫だね」と診察。


こういうやり方には、反発を覚える人もいるかもしれませんね。


「キッチリ確認、診断しろ!」と。





私も最初は、「え?」と思ったのですが、よく考えてみると合理的。


万一誤診であったとしても、生命に危険が及ぶ訳でもないし、もし水虫ではなかったとしたら、後日対応を変えればよいだけの話。





99%水虫である患者に対して、いちいち顕微鏡で検査したとしても、それが100%になる訳でもない。


他の菌や病気などと合併しているかも知れないし、「100%水虫だけが原因だ」と断定出来るわけではないのだから。





当然私は医師ではないですが、世の中のあらゆることで、「100%」が不可能であることくらいは分かります。


命に関わることでもないのに、99%の可能性を99.5%に引き上げるために、時間・労力・金銭を消費するのは、全く無駄なこと。





皮膚の組織を採取して、顕微鏡で検査し、「水虫である」との確定診断(?)を行わなかった医師に対して、一瞬でも不信感を持った自分が恥ずかしくなりました。





顕微鏡で皮膚組織を検査するというのは、これまで通っていた皮膚科でやっていただけ。


そのちっぽけな経験を頼りに、それが「当たり前」だと私は考えていた訳です。





そういう考え方、ダメですよね。





過去の自分の経験が正しいと思い込み、柔軟でない思考、あるいは凝り固まった思考をしてしまう。


これって要は、年寄りの考え方…だと思うのです。





何か新しいことが起こったとき、自分が過去に経験したことと違うことが起こった時、過去の経験に囚われるのではなく、冷静かつ柔軟に、一から物事を考えなければいけませんね。


過去の経験など、最後のオマケの隠し味程度で良い。







今回の水虫、とても大切なことを気付かせてくれました。







とは言え、足ふきマットは即刻廃棄!


足ふきマットを設置した奴を罵る方針に変わりはありません。


何しろ、ケツの穴が小さいんで。







最後に、グロ画像をアップしておきます。


グロ画像とは、ご想像通り、私の水虫患部♪





オッサンの水虫の画像なんて見たくない人が大多数でしょうから、見たくない人は見ないで済むように、最後に載せておきます(笑)


以下、グロ画像注意!






きゃあ! 汚い!

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:水虫での気付き - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事