大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

怪我療養中につき、ゆっくりブログ更新

投稿日時:2010/12/07(火) 08:31

スクラップ・中古品の買取価格表は、

デラざっぴん株式会社ホームページ

をご覧ください。



昨日はLME市場、為替水準ともに大きな変化無く、前日比同水準の状況です。
銅だけでなく、ニッケルや鉛などの相場も高水準に戻してきていますので、弊社もそろそろ在庫処分の時期かな?

先週、ピカ銅から込真鍮、被覆銅線まで、銅系統の在庫をほぼ全量売却しましたので、あと気になるのはニッケル含有の「ステンレス」スクラップと、鉛含有の「自動車バッテリー」スクラップです。

どちらも諸般の事情により、売却の好機を逃してきて、3ヶ月程度在庫のまま暖めて(?)きた商品です。

特に自動車バッテリーは… 
先々週だったかな?
「そろそろ売却を」と思って、付き合いのある国内精錬所へ搬出準備を進めていたところで「本日より6円/kg下げ」の通告があり、一旦積み込んだ荷物を降ろしましたもんね。

心情的に年内には一回在庫を処分してしまいたいし、現状の水準であれば、まずまず売却の好機かと思っています。
相場で一発勝負もしてみたいけど、自社の体力を考えると、今は小幅でも確実にコツコツと利益を積み上げるべき時期だと考えております。


話は変わりますが、2011年度税制改正の論議が新聞紙上を賑わしています。
地球温暖化対策を名目にした環境税創設から、法人税の税率引き下げ、高所得者の配偶者控除廃止など、身近なものから自分には全く縁のないものまで色々とあるわけです。

先週臨時国会が終わり、これからクリスマス頃までの間にかけて税調(税制調査会)の本番を迎えるわけです。
政権交代前の2年前まで、12月初頭に臨時国会を終えるとすぐに議員会館から直接成田へ向かい、海外バカンスへ出かけていた民主党議員諸氏がどんな改正をされるか楽しみです。

野党時代に勉強不足で遊んできたにもかかわらず、政治主導なんて無理を言うものだから、そりゃあ数々の問題が露呈してきますわ…

私も勉強不足の素人ですので、難しいことは分かりませんが一つだけ確信があります。

「古今東西を問わず、善政とは減税なり」


この大前提となる理念だけは崩すことなく、現実と調整していかないとしょうがないと思います。
戦後一貫して、減税を志向した政策は取られてきたわけですが、相反して支出を増やすバラ撒き的政策も取られてきたために、今日の膨大な財政赤字があります。


弊社は実質名古屋の会社ですので一言…

「信長公が戦国の覇者になった原因は、中世からの通行税やショバ代などの重税を廃止する、大減税による経済政策が一番」


今、法人税の実効税率が40%として、その他に固定資産税、軽油税、自動車税、消費税などなど、様々な税金を加味すると、軽く60%以上、ひょっとすると70%くらいは税金関係に消えているんじゃないですか?

これって、昔風にいえば「六公四民」「七公四民」ですね。
「五公五民」を超える年貢は悪政の象徴とされてきたことを考えると、現在は悪政の極みにあるわけです。

そろそろ一揆やで。

ま、政治家が悪いんじゃなく、「税金払うのはイヤだ~。もっとカネよこせ~」という国民が多いのが問題だと思いますけどね。

民主主義は現在の人類が知る一番「マシ」な制度だと言われますが、税金を払うどころか施しを受けるだけの人間も、多くの税金を納めるだけの人間も、平等に一票という政治的な力しか持たないのが最大の欠陥の一つでしょうね。

今の世の中、金持ちより貧乏人のほうが多く、多くの票を持っているんだから、どうしてもバラ撒き重視の政策になり、国の借金もドンドン増えていかざるを得ないでしょう。

解決策は…

どうしても危険な選択しか思い浮かびませんね…
危ないご時勢になってきたもんです。



この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:怪我療養中につき、ゆっくりブログ更新

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社~東海・北陸・近畿で営業中の、正規金属屑商の日記です~)

<< 2024年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事