大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

LME資源価格高騰

投稿日時:2010/12/08(水) 00:00

スクラップ・中古品の買取価格表は、

デラざっぴん株式会社ホームページ

をご覧ください。



昨日のLME市場は大幅上昇となり、為替が円安に振れたこともあって、銅の円換算では一夜で+16円/kgを超える高騰となりました。

資源価格の上昇は、自分の商売にとって良いのか悪いのか。
最近、素直には喜べないようになってきました。

レートの安い博打から、レートの高い博打に移行しているだけで、価格上昇が利幅上昇にあまり結びつかないんですよね…

仮に5%の利幅を取った仕事をしたとして、100円/kgなら5円ですが、200円/kgなら10円。
こんな仕事ができれば、相場上昇=利益上昇になるのですが、最近は200円/kgになると5%だった利幅が3%になって、利益の上昇幅が小さい… というような状況にあるような気がします。

多くの資本(仕入れ資金など)を使う必要が出てくるのに、利益の上昇幅が低いというのは非常に面白くない話です。

リスクが大きくなれば、リターンも大きくならないと…


さて、ボヤキはこのへんにして、今日12月8日は何の日かご存知でしょうか?

今から69年前の1941年12月8日、日本は米英に対して宣戦布告し、対米英戦争に突入した記念日です。

「それがどうした?」と聞かれても困りますが、とにかくそういう日なの。

前の大戦で日本は「連合国」相手に戦争したというのが教科書的な回答ですが、「対米戦争」あるいは「対米英戦争」というのが実態に近いかと思います。

戦勝国から見た世界観あるいは自虐的な観点から前の大戦を語る人は大勢いらっしゃるので、あえて逆の観点から語ると「白人、特にアングロサクソンに対して、正面戦争で真っ向から立ち向かった歴史的快挙」
の記念日ということで如何でしょうか?

「敗戦」という結果に終わりましたが、この歴史的快挙に対する賞賛は、旧朝鮮、台湾も同じく享受することが出来るものです。

こういう考え方は少数派でしょうね~

でもね、今の韓国・北朝鮮の皆さんも、日本と一緒になって強大な白人国家と正面戦争してたんですよ。
負けはしましたが、結果、世界中で白人植民地から独立し、多くの有色人種国家が誕生したじゃないですか。

長い世界史の流れで見ると、極めて有意義なものであった… と私は思っていますよ。

「小日本」に支配されていた暗黒時代と捉えずに、共に世界を大きく変えた時代との見方もして頂きたいのですが…


今日も変わった(イカれた?)ことを書かせていただきましたが、最近ホームページのブログ更新機能の調子が悪いんです。

従来はseesaaブログに文章を投稿して、ホームページでは外部ブログ参照 という方法を取っていたのですが、しばらく両方に投稿しようかと思います。

ホームページで見ていただいた方にとっては、何日分も一気に更新されたように感じられるかもしれませんが、ホームページ不調によるものですのでご了承下さい。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:LME資源価格高騰

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社~東海・北陸・近畿で営業中の、正規金属屑商の日記です~)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事