大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 一生喰うのに困らない - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

一生喰うのに困らない - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2014/06/30(月) 06:05


6月28日土曜日は、中古自転車のバンニングでした。

アジア某国向きに、大人用自転車と子供用自転車の詰め合わせパッケージを作成したのですが、結構注文は細かいです。




今回のコンテナで発注された自転車の種類を、注文書で改めて確認してみると、何と11種類にも及びます。

折りたたみ自転車が80台、24インチのママチャリが75台、電動自転車が10台、クロスバイクが10台・・・てな具合です。






11種類の自転車について、数量はもちろん価格も異なりますから、在庫時点で分別して保管しなければなりません。

また、送り先の国により、色、形、サイズ、グレードなどの要求が異なりますから、それぞれの要求を満たした品を積み込む必要があります。



適当(いい加減)に、何でもかんでも送ってしまうという方法が無いこともありません。

以前の弊社を含めて、多くの同業者は細かい分別や作業を嫌がりますので・・・。



そういうやり方だと、どうしても最高の価格で販売することができません。

価格競争に弱くなってしまうんですね~。



また、何でも送れる送り先って限定されますので、情勢の変化にも弱くなります。

これは、政治や経済の情勢変化によって、自転車が輸出できなくなることを意味します。



中古自転車の輸出事業のメリットは、世界中から一定の需要があることでしょう。

そういう意味での安定性は、鉄や非鉄金属スクラップの比ではない。

鉄や非鉄金属スクラップなんて、中国が風邪でも引けば、「ハイ。おしまい」ですから・・・。



「たかが」中古自転車を輸出する仕事ですが、日本企業らしい繊細な仕事が必要であると、私は考えております。

たしかにキツイ肉体労働ですし、時代遅れに感じる労働集約型事業なのですが、しぶとく生き残るためにはこんな仕事が必要です。



人が嫌がる、キツイ、汚い、危険な仕事が多い当社ですが、その中でも一番嫌な仕事が、自転車の事業です。

でも、これをマスターすれば、一生喰うのに困らない・・・かもね?



この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:一生喰うのに困らない - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事