大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 印象深い話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

印象深い話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2014/01/14(火) 09:23


利用料無料という安物(?)の当社ブログではありますが、さすがにシステムで日々の閲覧者数くらいは確認することができます。

もちろん、どこのどなたが見たとかの詳細な情報はわかりません。

実は少々驚いたことがありまして、昨日1月13日なんかだと祝日でしたので、閲覧者数が半分以下になるんですね。



祝日ですから仕事が休みで見ていない・・・ということであれば当然なのかも知れないのですが、「祝日だから休み」ということは意外な事実でもあります。

中企業あるいは大手企業にお勤めの方だと、祝日は休業が当たり前なのかもしれません。

でも、弊社のような零細あるいは小規模企業だと、休業日は日曜日だけというのが常識(?)なのが実情です。


ひどい会社(実は弊社のこと)だと、日曜日も休みなしなんてところもあります。はい。

それくらい働かないと生き延びていけないのが末端の実情です。

もちろん、月曜日から金曜日まで、それぞれ朝9時から夕方5時までの業務で十分な利益があげられる企業なら、無理して長時間勤務を強いるような必要は無いと思いますが・・・。



昨今、いわゆる「ブラック企業」という言葉が流行りのようですね。

ブラック企業といわれる企業の定義はあいまいで、人によって全く異なるのが実情です。



労働者側からの見方としては、「勤務時間が長い」あるいは「賃金が安い」という事実だけを捉えてブラック企業と呼ぶ傾向が強いように思います。

私なんかは、どうしても経営者側からの見方になります。

その上で意見を述べますと、長時間労働だとか、休みが少ないだとか、仕事がハードだとか、そんなことは一切ブラック企業の定義とは関係ないと考えています。

あえて言えば、実現した利益に対しての報酬が著しく低い企業だけがブラック企業であると認識しています。



ある人が、年間に一億円の純利益を叩き出したのに、報酬は年間300万円・・・とかね。

そういう形の企業だけがブラック企業と呼ばれるべきだと私なんかは考えています。はい。

何事も万事がそうなんですが、休みが欲しいとか、もっとカネを寄こせなどという権利の要求をするならば、まずは収益を上げるという義務を果たしなさいよ・・・と思うのです。



ただ先日、少し気になる記事を読みました。

今日の本題なんですけどね。



東京都心から電車で約30分ほどの場所にある、とある水商売の店の話です。


在籍する女の子の質が非常に高くて、地域では話題の店だそうです。

実際にその店に行ってみると、確かに店は大繁盛している様子。

女の子の質は都心の高級クラブに劣らないハイレベルなもので、価格は都心の高級店の五分の一程度のリーズナブルな店だったそうですから、繁盛するのも当然のこと。



ただ、お客にとって低価格であるということは、在籍する女性の給料が高くないことと直結します。

いかに繁盛店といえど、五分の一の客単価で、高級店と同程度の給料を支払うことは至難の業です。

このような商売のキモである、「いかにして良質な女性を確保するか」とう命題を、どうやってクリアしているのでしょう?



在籍する女性に対して、「電車に30分も乗れば、もっと高い給料の店に行ける。なぜここで働いているのか?」と質問したところ、「ここは給料が安いが、ノルマも競争も無いなか居心地が良い」と答えたそうです。


私なんかは、こういう話は目からウロコが出た思いでした。

発想の逆転というのでしょうか?

競争原理を取り入れることにより、人材の確保と収益の向上を狙うのが当たり前のご時世ですが、そこには大きな隙間があるのだと改めて感じた次第です。はい。



そういうやり方もアリかもしれませんね~。

わけがわからない話だと受け取られる方も多いかもしれませんが、私にとって強い衝撃を受けた話でしたのでご紹介しておきますね。


それでは!

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:印象深い話 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事