大きくする 標準 小さくする

社長の独り言

取り違え - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/11/28(木) 07:39


すでに大きなニュースになっているので、ご存知の方も多いと思います。

今から約60年前、東京の病院で出生直後に男の子の赤ん坊同士がと入れ違いになるという事故がありました。

入れ違いになった2人のうちの片方の男性が、病院を相手に損害賠償を求める裁判を起こし、賠償責任を認める判決を勝ち取ったことをきっかけに、大きなニュースになりました。



この事故が大きく報道されることになったのは、出生から60年近くが経過した最近まで、入れ違いの事実が判明していなかったことが挙げられるでしょう。

どうやら、4人兄弟のうち長男一人だけが他の3人の弟と容姿が異なる・・・ということが疑問視され、3人の弟が検査会社にDNA型鑑定を依頼したようです。

この結果、一人だけ容姿が異なっていた男性は血縁関係がないことが確認され、実の兄弟捜しが始まり、入れ違いとなった実の長男が捜し当てられたようです。



60年間入れ違いの事実が判明しなかった・・・というだけでは大したニュースにはならないのが現実です。

今回、大きなニュースになっているのは、両家庭の家庭環境、ズバリ言えば経済状況に大きな格差があり、その後の人生に大きな影響を与えたであろう・・・というドラマ性が話題になっているのです。



2人は1953年3月に出生。

産湯につかった後に2人は取り違えられ、実母とは違う女性の元に渡されて育てられることになりました。



今回、裁判を起こした男性が育った家庭では、2歳の時に育ての父親が死去。

育ての母親は生活保護を受けながら、6畳アパートで家電製品一つない生活だったが、男性を含む3人の子を育てた。

男性は、中学卒業と同時に町工場に就職。自費で定時制の工業高校に通った。今はトラック運転手として働く・・・。



育ての父親が2歳のときに亡くなったのが最大の要因かなと想像しますが、苦労されたんですね。

ただ、1953年(昭和28年)生まれという世代を考えると、高度経済成長の真っ只中の時代に中学を卒業し、町工場で働きながら定時制で勉強なんて苦労は、決して珍しいものではない。

状況が変わりつつある年代ですが、これ以前の世代にとっては「当たり前」の苦労です。

ちなみに、私の父も母も、揃って中卒で働きながら定時制の高校を卒業しています。



さて、取り違えられたもう一方の新生児は、4人兄弟の「長男」として育って大学にまで進学、現在は不動産会社を経営しているようです。

実の弟3人も大学卒業後、上場企業に就職・・・。



報道だけでは、学歴とか就職先などの上っ面のことだけしかわからず、実際のところは知る由がありません。

大学に進学したといっても、大変な苦学生だったのかも知れません。

不動産会社を経営といっても、自分の才覚だけで作り上げたのかもしれないし、風が吹けば飛ぶような街の小さな不動産屋かも知れません。

でも何か、正反対の道を歩むことになった・・・という、ドラマチックなイメージがあるじゃないですか?



私の場合ですが・・・

小さな子供の頃、テレビの番組に出てくるような、大金持ちで、やさしいお父さんやお母さんが、「本当は私が実の親だよ!」と言って現れないものかと夢想したことがあります。

みなさんは、ありませんかね?

ま、そんなことを考えたのは、欲しい物を買って貰えなかった時や、悪さをしてこっぴどく叱られたときなんですが・・・。



今回のようなニュースが大々的に報道された背景には、みんな私と同じようなことを考えたことがあるんだ・・・と想像しています。

だからこそ、共感(?)を呼んで大きなニュースになったのだと考えています。



そこのアナタ!

アナタも、「実の親が他のどこかに居て欲しい・・・」と考えたことがあるでしょ!?



え?無いの?

そりゃ、すいぶん幸せな家庭で育ってこられたんですね~。



私なんて何十回もそんなこと思いましたし、今の時代を生きる私の子供も、ひょっとしたらそんなことを期待しているかもしれません・・・。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:取り違え - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事