大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 略式起訴と罰金の略式命令 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

略式起訴と罰金の略式命令 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/05/03(金) 06:55

4月12日のブログで、岐阜市の不用品回収業者が廃棄物処理法違反(無許可収集)容疑で逮捕されたことを、当ブログでお知らせしました。

ブログ記事はコチラです。



この事件ですが、5月1日に岐阜区検は廃棄物処理法違反の罪で岐阜簡裁に略式起訴し、罰金80万 円と50万円の略式命令を出すことにより終結したようです。


この報道に関しては、色々と言いたい事がある。

5月1日に罰金の略式命令が出て、この話はその時点で終わり。

それまで容疑者であった当事者も、一般市民に戻って再出発をされるわけです。



ところが毎日新聞は翌日の5月2日に、実名入りかつご丁寧に住所まで添えて、「被告に対して略式命令を出した」と報道していますな。

毎日新聞さん、元被告に対して何か怨みでもあるのか?

記事を書いたのは「道永竜命」という記者ですが、こんな報道のスタンスは、日本人の感覚からすると違和感を覚えるんですわ。

「水に溺れた犬を打つ」文化の匂いがする。

気に入らない。

略式起訴されて罰金の略式命令を受けたなんて、スピード違反30kmオーバーでネズミ捕りに引っかかって、キップを切られたのと同じ処分だよ?

そんなことで住所入り実名報道をネットに流されて、社会的に抹殺されたんじゃ、当事者はたまらんよ?

当事者さんは全くご縁のない方ですが、スクラップ=不用品に関係する仕事に携わるという意味では広義の同業者だと思っていますので同情的になります。



・・・え~と、肝心の起訴内容詳細が報道ではわからないです。

「具体的に、どのような違法行為を行ったのか」が報道でわからないので、何が違法行為なのかさっぱりわからない。

「岐阜市長の許可を得ずに計5回、岐阜市内の回収所で一般家庭で不用となったテレビなどの家電製品8点を違法に収集した」ことで起訴された旨は判明するのですが、この文中の「違法に」という部分が我々にとっては問題なのです。

「どのような収集の方法を行ったので違法と判断されたのか」が焦点なんです。

それがわからないと意味がないんだよな・・・。


ということで、私のブログも記事にならない。

申し訳ありません・・・。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:略式起訴と罰金の略式命令 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事