大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 金属相場は不調 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

金属相場は不調 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2013/02/20(水) 06:15

今朝は金属相場の話題はやめておいた方が良さそうだな。

LMEの金属相場は、特に「銅」価格が2日連続で大きく下落。

加えて「金」も大きく下落してオンスあたり1605ドルほどの水準です。


「銅」も「金」も、自分で一定のラインを設定しています。

「ライン」とは、その資源に対する評価や先行き予想の変更ライン・・・とでも表現すれば良いのでしょうか。

ちなみに今朝の相場ですが、銅は$3.633/lbと、ポンドあたり3.633ドルで、金はオンスあたり1,605ドルほど。


今自分で設定しているラインは、銅がポンドあたり3.5ドルと3.9ドル、金がオンスあたり1,600ドルと1,750ドルです。

それぞれ、そのラインを下回れば相場の低迷期で、上回れば高騰期・・・まあそんな感じです。

銅相場のほうは最低ライン(?)までもう少し余裕があるのですが、金相場のほうはギリギリですねえ。


先日も紹介しましたが、為替が円安に動いたことで「金相場が史上最高値圏」なんて報道がされていましたが、ドル建ての世界標準と言って良い相場は、ここ2年間ほどの最低水準です・・・。

「だから何だ?」と言われれば、金の相場は値崩れを起こしている状況とも考えられるので、高値で買い漁るような馬鹿な真似は禁物・・・ということです。

元々が投機性の高い商品で、ここ数年大変な高騰を記録した商品でもありますので、常に先行きに対する注意が必要かと思います。



さて、相場の話はそんなところで。


明日は世話役を務める業界団体(社団法人)の仕事で、中央官庁(環境省)との意見交換・・・いや、現実には色々と指導を仰ぎに行って来ます。

大阪からは社団法人の理事長もやってくるので、私も名古屋駅から同じ新幹線に乗り込んで合流する予定です。

4月からは使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律が施行され、我々の業界を取り巻く環境が大きく変化します。

リユース、リサイクルの業界っていうのは、基本的に中小零細事業者で構成されていますので、各社個別に法改正等に対応していくことが極めて困難です。

そんな中、業界団体という形で力を合わせれば、法改正などの大きな流れにも対処していける・・・と考えてボランティアしてます。


有志各社が団体に入会して会費という形で一定の負担をして頂けたこともあり、名古屋駅と東京駅間の新幹線代だけは出してもらえるようになりました。

もちろん日当などは一円も頂きませんし、細かいことを言えば、名鉄津島駅前の駐車場代や名駅までの電車代等々は自腹です。

恨み言を言っているのではなく、身銭を切るのも辞さずの心構えでやっています・・・という意思表示。


ついでに折角上京するのだから、役所だけでなく何人か国会議員の先生方にご挨拶しときましょ。

個人的には気が乗りませんが、有志の拠出した浄財を使って上京するのだから、全力を尽くす義務がある・・・。

明日は早朝に出発しますので、ブログ更新がお休みになるかもしれません。




この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:金属相場は不調 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事