大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 比例代表って? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

比例代表って? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2012/12/06(木) 07:53

今朝は荒れた天候の地域が多いらしいですが、愛知県地方でも「台風か?」と思うほどの強風が吹き荒れております。

寒いったら、ありゃしない・・・。

でも、暑いとか寒いとか、疲れたとかつらいとか、贅沢を言っていられる状況ではありませんので、我慢するしかないですな。


さて、数日前にニュースで、「ある政党の比例名簿の提出が、大幅に遅れた」というニュースが流れていたのをご存知でしょうか?

政党名を出すと、公職選挙法に抵触する・・・と判断される可能性があるため控えておきますが、比例名簿の提出完了が深夜になったようですね~。

「比例名簿」って良く分からんでしょ?


私の運命にも大きな影響を与えた、「比例名簿」というものについて、少々ご説明しましょうか。


衆議院議員選挙に立候補しようとする人は、通常は「小選挙区」と言われる、市町村でブロック化された地域から立候補します。

例えば愛知県なら、名古屋市中区、北区、東区、西区で「愛知一区」という割り振りになっています。

この地域内で、一番多くの得票をした人が「当選」となるわけです。

現在の名古屋市長は、元々愛知一区から選出された衆議院議員でしたね。


さて、通常は「一番多くの得票をした人が当選」となる訳ですが、二番目、あるいは三番目に多く得票した人でも当選することがあります。

あるいは、小選挙区に立候補せずに、愛知、静岡、岐阜、三重の4県で構成された「東海ブロック」などという、もっと大きな地域で立候補する人もいます。

これが、「比例代表」と呼ばれるものです。

ややこしいですね~。


なぜ、こんなややこしい制度になっているかというと、「選挙制度を変えたときの、各政党の実力者による談合の結果」です。

「民意を反映させるため」などの、キレイ事の理由はたくさんありますけどね。

詳細は省きますが、「既成政党のベテラン議員が当選しやすいように調整された制度」であると断言できます。


さて、そろそろ本題。

「比例名簿」というものは、各政党が候補者に順位をつけて提出します。

「オマエは一番、アイツは二番」という順位のつけ方をする党もあれば、「全員一番」という順位のつけ方をする党もあります。

比例代表で各政党に割り振られる議席は、「東海ブロック」などの大きな地域ごとに、各政党の得票数によって決まります。


仮に、東海ブロックで、2議席を獲得した政党があったとしましょう。

「オマエは一番、アイツは二番」という順位のつけ方をしていた政党では、「オマエ」さんと、「アイツ」さんが当選となります。

「全員一番」という順位のつけ方をしていると、小選挙区で「惜しい負け方」をした人から上位2名が当選となります。

「惜しい負け方」とは、一番得票した人が10万票で、二番目に当選した人が9万9,999票だった・・・というようなケースです。

やはり、「全員一番」というような順位のつけ方をしたほうが、公平なような気がしますね~。


ニュースで話題になっていた某政党では、「この間まで国会議員だった人は全員一番。新人は全員最下位」などという順位付けをするとかしないとかで揉めて、名簿の提出が大幅に遅れたようです。

連中にとっては、国会議員様になれるか、失業者になるかの瀬戸際ですので、人間の醜さ全開の争いがなされていたことでしょう。


この争いの結果、落選確実にされた方もいらっしゃるようです。

前回の衆議院選挙で、元々C型肝炎(?)の原告だった、若くて美しい女性が立候補して、当選したのを覚えてますか?

あの方、今回は比例代表単独で立候補されたようですが、順位が単独最下位にされて落選確実です。


某与党政党からの離党者で新党が結成されたとき、元々の親分について行かずに党に残り、その後離党して別の政党に行ったようですが、選挙前に二つの政党が合流。

別の政党へ行ったつもりが、再び同じ政党になってしまい、けじめをつけられた・・・というところでしょう。

「絶対に潰されるだろうな」と思っていましたが、露骨に分かりやすい形で、命(政治生命)を獲られましたね。

ヤクザな世界なんですわ。


最後に・・・

「私の運命にも大きな影響を与えた・・・」と冒頭に書いておりましたが、私のかつての親分は、今から9年前の選挙で、前述の女性議員と同じ方法で、命を獲られました。

権力者に対して露骨に歯向かった訳ではないのですが・・・ね。


ま、選挙というのは、人殺し以外何でもアリの戦争です。

政治家としての命を獲るという意味では、内部抗争ならば殺しもOK。


怖い世界ですので、首を突っ込むのは、ほどほどにしておかないとね。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:比例代表って? - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事