大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • タイ。カンボジア国境へ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

タイ。カンボジア国境へ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2018/05/29(火) 06:22


タイとカンボジアの国境の街にやって来ています。


おそらく、タイ・カンボジア国境へは、距離的にも道路事情的にも、タイのバンコクから向かった方が早いと思います。





カンボジア国内の道路事情は、以前と比べて飛躍的に改善されたとはいえ、まだまだタイには及ばないというのが、率直な感想です。











カンボジアでも、主要国道だと上の画像程度の道路が敷設されています。


かつてのように悪路を長時間揺られることは無いのですが、犬やニワトリや牛やヒトが道路に飛び出してくるので、かなりの注意を払って運転する必要があります。











ウシさんが道路を塞いでいます。


いかにも分かりやすい画像ですが、現場の真実はこの画像とは違うところにあります。





上のような画像を見ると、


「いかにもありそうだな」と思われることでしょう。





旅行等で実際に行ったことが無くても、テレビ番組などでもよくこういう風景を紹介していますから。


この画像から受ける印象は、ドライバー目線だと、「危ないなあ…!」でしょう。





でも、さすがに大きなウシの群れが相手だと、割と遠くからも見えるし、事故には結びつきにくいかな?という印象も、同時に抱いてしまいます。







「テレビやネットで知る危険」としてはその程度で良いと思うのですが、現場で現実に走るとなると、もっと大きな危険があることを知ります。





上の画像は、「ウシさんがいる」という危険を伝えていても、実際のウシさんは、いつもこのように目立って歩いている訳ではありません。


一頭だけで単独で移動しますし、道路の土の色と一体化(保護色化)した奴が、あちこちの茂みに潜んでいます。(笑)





飛び出してくるイメージは無いですが、クラクションを鳴らそうが何をしようが、歩く向きもスピードも変えない、超マイペース牛が、一定数います。


こんなマイペース牛をビーフにしないよう、十分な注意が必要です。






ウシさんだけでなく、イヌ、アヒル、ニワトリ、ヒトなどに十分注意を払いながらのドライビングが必要です。







あと、低速車との速度差に気を付けないといけません。


スーパーカブに荷台を連結し、その荷台に20人ほどが乗っている、事実上の「20人乗りスーパーカブ」や、「耕運機を動力としたトラック」などが、同じ道路上を走っています。





歩くのとそう変わらない速度で走っている車両と、時に時速100km以上の速度で走る車両が、同じ道路上を走っています。


自動車専用道路の重要性を感じますねえ。





一応、制限速度は60km/h に設定されているみたいです。


順法意識が問われると言われればその通りですが、昔の日本と同様に「ある程度」しか守られていませんから、「最高速度 出せるだけ」みたいな車がほとんどです。





最後にドライバー目線として「怖い」と感じたのは、当たり前のように、車線をはみ出してくる対向車があることです。


「追い越し禁止が守られない道路」が、いかに危険に満ちているかを、リアル絶叫マシン状態で体験できます。













所々でメンテナンス中(舗装なし)のところがあるのも、お約束です。


時々、穴がありますから、車輪を落とさないように注意が必要。





雨が降ると、穴の深さを見分けることが出来なくなるので、注意が必要。


ただし注意してもどうにもなるものではなく、「リアル ロシアンルーレット」です。





深い穴に落ちても、車体を地面に擦り付けるだけ。


それぐらいで壊れる車は、困るなあ。






さて、カンボジア側の国境の街の名前は、「ポイぺト」と言います。











先月、ベトナムとの国境に行った際に感じた「バブリー」な感じはありません。


「どこにでもある、タイ国境」というイメージ。





首都と比べると、少しばかりのうさん臭さはあるものの、治安の悪さや、悪質な胡散臭さを感じることはない。


キレイな表現だと、「法による支配が行き届いている」街だと感じました。





法による支配が行き届いた地域だということを前提に、この国境を利用することがあるかもしれません。


それが分かっただけでも、今回は目的を果たしたな。













こちらはカンボジアの地方都市にある自転車屋さんです。


我々の中古自転車を取り扱いたい…と、取引を申し出て頂いている小売店です。





日本的感覚だと、見た目が立派でないかもしれませんが、この街最大の自転車屋さんですから、販売台数はコンテナ丸ごとで売っても良いくらいの数になります。


不況期に備えて、取引したい相手です。













こちらは、新品の中国製自転車です。


子供用ですね。





子供用自転車に関しては、他の国も同様に中国製の新品を多く見ることが出来ます。


子供用だから、外見重視で選ばれる面もあるのですが、日本からの供給量が少ないことも影響しています。





もっと供給量を増やしても良い商品ですが、単価が安い製品なので、採算的には我々にとって難しい一面があったりもします。












上の自転車は、日本からの中古自転車をリペアしたものです。


シートやグリップ、ベルなどが交換されています。





「カンボジアでさえ」、「中古自転車でさえ」、見た目重視なんです。


こういう現状を理解しておくことは、大事ですよ。





普通の日本人的感覚で仕事をすればよいのですが、私たちの業界はこれまで中国人との接点が多かったので、「何でもよい」的な感覚に、少々汚染されています。


本家の中国さんも、「何でもアリ」からの脱却を目指しているのですから、我々も感覚の修正が必要かもしれません。





今回のレポートはこれまで。


この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:タイ。カンボジア国境へ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2023年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事