大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 小さなヒントを提供できれば… - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

小さなヒントを提供できれば… - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2018/04/16(月) 06:20


大変多忙であった3月下旬から4月上旬の時期を乗り越え、ようやく落ち着きを取り戻してきました。





一体、何があったのか?


そんなに大げさな話ではないのですが、多忙を極めた第一の原因は、プライベートで引越しの準備を進めて来たことでしょうか?





3月下旬から4月上旬の3週間連続で、毎週土曜日に東京営業所から自宅のある関西へ移動。


週末に荷造りや後片付けを行い、日曜日にトラックで東京営業所へ戻る…ということを繰り返しておりました。





この時期、当社事業のうち中古自転車に関する事業については、一年で最も多忙な時期。


海外と日本を週替わりで往復しながら、プライベートで引越しの準備を整えてきましたので、全てを終えた4月上旬には、過労で(?)少々、体調を崩したほどです。





「この程度で過労とは情けない…」と思いながらも、中年のオッサンですから、無理は禁物ですね。


4月の中旬に入り、ようやく落ち着いたと感じています。







とは言え、まだまだスケジュール的には結構厳しいなあ…。


4月16日月曜日は関西へ移動し、旧住居の引き渡しの現場立ち合いと、病院(眼科)の転院のための手続きを行ってから、東大阪で約束アリ。





17日火曜日は、当社本社がある大阪府高槻市で午前中に2件のアポイントを済ませてから、12時伊丹発の飛行機で羽田へ戻り、そのまま都内の会計事務所で打ち合わせ。


夕方に東京営業所へ戻り、荷物をまとめて翌18日早朝から海外出張へ。





ノンビリしている時間は、今週もなさそうです。







そもそも、引越しを自力で行ったことが、過密スケジュールになってしまった一番の原因かな?


とは言え、報道されていた通り、今年は「引っ越し難民」が多発するほど、春休み期間中の引っ越し予約が困難でしたから、やむを得ないんですけど。





驚くほど高い引っ越し代金を支払うか、ツテを頼って泣き付けば、引っ越し業者を利用することも不可能では無かったのですが、高い料金を支払うのも、知人に泣きつくのも、そういうことは出来れば避けたいんで…。


自社でトラックを保有しているし、引っ越しを手伝ってくれるスタッフもいるとなれば、「それなら自力で引越ししてやる!」となるのが、私にとっては自然な流れでした。





もっとも、当社が所有するトラックは全て平ボディですから、雨が降ると家財は水浸し。


雨が降らない事だけを願っていましたが、日頃の行いが良いのか(?)、3月下旬から4月上旬にかけての週末は、三週間連続で好天に恵まれ、私の家財は雨に打たれなくて済みました。





引っ越しをした最大の理由は、「仕事に集中できる環境づくり」ですから、今後は仕事の効率を上げて、高い成果を出さなければいけません。


ちょっと、自分にプレッシャーです。







さて、仕事の話です。


ここ数カ月、私が取り組んできたことは、一言で言えば「中古自転車以外の商品を海外で売る」という仕事です。





私たちの業界的な常識としては、「中古自転車以外の商材を探す」となると、中古自動車、中古バイク、中古農業機械や建設機械、中古家電などが頭に浮かびます。


しかしそのあたりの商材は、在日外国人がメシのタネにしている商材なので過当競争気味であることと、日本をはじめ各国で規制が強化されつつある商材なので、正直将来性を感じません。





そのため、少々畑違いになるのですが、「新品の日本製品を輸出する!」という方向で、商材の選定や販売ルートの開拓を行ってきました。







本格的にこれらの仕事を始めて、約4カ月が経過。


確実に前進している実感はあるのですが、一歩一歩と前進…という感じですね。







原因はハッキリしています。


風が吹けば飛ぶような小さな会社なので、慎重にやらざるを得ないのです。





例えば、とある商材の可能性を探ろうとするとき、まずは私の海外出張に合わせて、ごく少量だけ飛行機の手荷物として現地に持ち込みます。


一定の感触が得られれば、次月もう一度飛行機で運んで再テストしてみる。





「これは売れそうだ」と感じれば、1ケースだけ仕入れて、コンテナで送ってみる。


1ケースだけの仕入れを発注してから、コンテナに入れて現地に到着するまでは、約6週間ほど要します。





その商品が近い将来、ケース単位でも販売可能だと判断すれば、次は大量に仕入れてコンテナに入れて送る。


こんな流れで進めています。







開始から約4カ月ほど経過した現在、いくつかの商材は、国内の問屋さんからケース単位で大量に仕入れ、コンテナに入れて送っている…という状態です。


まあ楽しくやっているのですが、まだまだ仕入先の確保も大変、販売先の開拓も大変です。





取扱量が増えてくると、リスクも増大しますし、この約4カ月ほどは仕入ればかりが先に立ってきましたので、ウチみたいな小さな会社では、運転資金も大変です。(笑)


ようやく今月から売り上げが海外から送金できるようになってきましたし、「生みの苦しみ」の時期を脱しようとしているのかな?







いま私が始めている仕事は、決して新しい仕事ではありません。


個人で輸出入の仕事を行っている人も大勢いるし、貿易会社、商社、メーカーまで、「日本製品を海外に輸出する」なんて仕事は、多くの人が取り組んでいることです。





決して斬新なアイディアでやっている仕事ではないけれど、「当社だから出来る、隙間の仕事」が必ずあると信じてやっています。


中古自転車の貿易屋だから出来る仕事…というのが正確かな?





まあそんな状態です。







ちょっと難しいのは、今までと比べて、他言できない内容の仕事が多いという点でしょうか?


別に悪いことをしている訳ではありません。





例えばこのブログ上で、「カンボジアでは日本製の紙オムツが大人気です!」なんて書いて、そんな情報が広まって模倣者が続出すると、商材の命を縮めることになります。


具体的にどんな商材を扱っているのかは、よほど親しい人にしか話せませんし、どんなに親しい人にも話せないこともある。





そんな仕事を進めている関係で、ブログを書くのも難しい時期であるということをご理解ください。


世間話みたいな話ばかりを書くのは簡単ですが、それもつまらない。





更新頻度を落としてでも、スレスレのネタを提供して、楽しんでもらいたいなと思っています。







あ、カンボジアで日本製の紙オムツが人気なのは、本当ですよ。


ウチもコンテナに積んでいますから。





日本の紙オムツが世界中どこでも人気の商品であることは、業界人にとって周知の事実だし、高収益の商品にはなり得ない特性を持っているから、例示しました。


「そうか!紙オムツが儲かるのか!?」なんてことは考えないほうが良いですよ。





紙オムツを海外に輸出しようとした場合、損することはないだろうけど、最低賃金を下回るほどの利益しか出ないと思いますよ。


カネ儲けのネタが、ネット上に転がっている訳がないじゃないですか。





ただし、「ヒント」なら、あちらこちらに転がっていると思います。


私も皆さんのヒントになるようなブログ発信を続けれれば…と思っています。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:小さなヒントを提供できれば… - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事