大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • とある地方都市での中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

とある地方都市での中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2017/09/22(金) 06:24





とある地方都市へ来ています。





画像は、駅前の駐輪場で撮影したもの。


到着が日没後でしたので、少々画像が見にくくて、申し訳ありません。







私は地方都市へやって来ると、必ず駅周辺や商業施設の駐輪場へ視察に行きます。


理由は、「その地方で中古自転車ビジネスが成立するか否か?」を検討するためです。








中古自転車ビジネスに関わらない方からすれば、「自転車なんて、どこも同じ。」と思われるかもしれません。


ところが市民が使用する自転車には、地方性がありまして、地域によって傾向が異なるのです。





自転車が使用される地域の地理的な条件、地域ごとの流行、自転車に対する価値観、地域の経済力など、様々な事情で地域ごとの特徴が出ます。





例えば、健康のために自転車通勤する人が多い地域だと、ロードバイクが増えますし、坂道が多くてアップダウンの激しい地域だと、電動アシスト自転車が増えます。


経済的に余裕がある人が多い地域だと、国内有名メーカー製の自転車が多くなるし、その逆だとノーブランドの自転車が多くなる。





海に近い地域だと、どうしても潮風で劣化が激しくなるし、ファミリー層が多く住む地域だと、子供用の自転車が多くなる。


これらの地域ごとの特性は、中古自転車の貿易業者にとっては無視できないほど影響が大きく、事業として成り立たつか否かに分かれるほどです。





商談があった地域なら、これらをチェックするのはもちろんですが、具体的な商談がなくとも、行く先々で自転車のチェックを行う、ヘンなオッサンです。


どう見ても、自転車を盗もうと物色するオッサンですね。







最悪なのは、海に近い平地で、高齢化がある程度進み、経済的に余裕のない人が多い地域でしょうか。


最高なのは、その反対ね。





まあ一番大切なのは、経済的に余裕がある人が多いかどうかでしょうか?





あらゆる商売がそうですが、お金持ちが多い地域の方が、商売はやりやすいのです。


貧乏は商売の敵だ!…ということです。







で、私が訪れた地方都市ですが、結論から言えばダメでした。







海から離れているのは良いのですが、流行している自転車のタイプが良くない。


海外で不人気な形状の自転車が多かったのです。





それに加え、経済的に裕福とは言い難いようで、ロードバイクなんかでもブランド物を全く見ることなく、安物のノーブランドばかり。


こんな地域で出てくる中古自転車を取り扱ったら、赤字になること間違いない。







悪口を言っている訳では無く、事実を申し上げているだけなのですが、こういう結果なので、具体的な都市名は伏せておきます。





何事も、現地へ足を運んでみないと分かりませんねえ。


私の予想を上回る、散々な結果でした。







当社が通常の営業範囲としている地域でも、意外な地域がお宝の宝庫になっていますし、逆に収益の足を引っ張っているような地域もあります。



これらの事情を正確に理解しようと思うと、海外の正確な販売事情や価格なども理解する必要があります。







たかが中古自転車ですが、奥が深いですねえ。




この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:とある地方都市での中古自転車事情 - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事