大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 大阪へ「出張中」です - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

大阪へ「出張中」です - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2017/01/20(金) 07:30


急な所用が出来まして、19日木曜日の早朝に東京営業所を出発し、大阪へ出張に出ております。


大阪本社の会社が、「大阪へ出張」と言うのもおかしな話ですが、少なくとも今は東京営業所が主たる居場所ですから、大阪へは「帰る」のではなく、「出張」と表現するのが正確かと思います。





朝5時に東京営業所を乗用車で出発。


東京営業所から大阪本社事務所まで、カーナビの表示では、ちょうど7時間を要することになっています。





途中、中部営業所へ保管してある資料を取りに立ち寄りましたので、合計8時間かけて大阪へ到着しました。





7~8時間の所要時間だと、半日以上が潰れてしまうことになります。


私の感覚だと、「半日以上」ですが、一日の仕事時間が7時間とか8時間の前提だと、「丸一日」が潰れるということになります。





一週間の法定労働時間は40時間でしたかな。


肉体的にハードな労働を行う人間なら、一週間の労働時間を40時間程度に設定するのが合理的だし、私も同意します。





しかし肉体的にハードな労働を行わない方にとっては、一週間の労働時間が40時間では話にならないことが多いと思います。


「話にならない」と言うのは、給与に見合った結果が残せないという意味。





当社の例で言えば、構内で自転車の加工や搬出準備を行う仕事は、肉体的にハードな仕事です。


この仕事は、週40時間以内の労働が適正だと思います。





トラックドライバーの仕事だと、積込中の時間は構内作業と同じく肉体的にハードな仕事ですが、移動中(運転中)はホワイトカラー並みの肉体負荷です。


そうなると、構内作業よりも少し長めの労働時間が必要となるのが道理。





ホワイトカラーの仕事になると、肉体的な負荷はほとんど無い。


ホワイトカラーの仕事は、精神的な負荷が大きいものの、肉体的な負荷はほぼ無いですから。





となると、結果さえ残せば週30時間でも40時間でも良いですが、基本的には50時間でも60時間でも働け・・・ということになります。


肉体的な負荷が無い仕事なのだから、肉体的にハードな仕事をしている方々と、同じ労働時間を前提にするのがおかしい。





ここらが法令がクソなところで、肉体労働をしていない、したことが無い奴が社会のルールを決めるから、トンチンカンなことになるのです。





週40時間労働。


それは、オレたちのように肉体的にハードな仕事をしている人間のための決まりだ。


背広を着て仕事をしている奴には短すぎる。


オマエらは週60時間でちょうどよい。





肉体労働者の観点からは、そう言っておきましょう。


私の仕事はハードな肉体労働ではないので、一日7~8時間の仕事では話にならない。


自分にそう言い聞かせているだけだということで、ご理解ください。







ずいぶん話が飛びましたが、とにかく大阪出張中なんです。


それで色々な課題や宿題をもらったのですが、結構大阪もしくは名古屋でないと対応できないことが多いんです。


大阪本社、名古屋事務拠点だから、しょうがないんですけど。





従来はそれらに対応するために、大阪や名古屋に滞在する時間が長くなることが多かったのですが、今後は対応を変えようと思います。


滞在している時間の範囲で、出来ることしかやらない・・・というスタンスに変更しようと。





大阪には、19日と20日の2日間しか滞在しない。


2日間で出来ることしかやらない。





名古屋には21日しか滞在しない。


1日で出来ることしかやらない。





それが済んだら、さっさと東京営業所へ帰っちゃう。


ここらで、自分の行動パターンをハッキリさせる必要があるように感じています。





今、私が進めなければならないことは、東京営業所を離れなければいけない時間を極力減らすこと。


そのための体制作りは私の仕事ですし、それを進めることが重要だと再認識した次第です。





何やら訳が分からない話になりましたが、「大阪出張中」で時間が限られていますので、今日はここまで。
この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:大阪へ「出張中」です - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事