大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログトップ
  • 郵便局め・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

社長の独り言

郵便局め・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

投稿日時:2016/05/27(金) 05:14


今日は郵便局への愚痴がテーマです。


本当に愚痴の多いブログで、すいませんねえ。








まずは、私が郵便局に対して申し上げたいことから、ご説明しましょう。





先日、A4サイズの書類を入れた、一通の郵便物が返送されて来ました。





「料金が20円不足です」


書類を入れた封筒には、そう記載された短冊が付けられていました。





A4サイズの書類を、折りたたまずに入れた封筒は、「定形外郵便」ということになります。


定形外郵便の料金は、50gまでが120円で、100g以内が140円です。





封筒の自重や、書類の折れを防ぐためのクリアファイルなどの重量を考慮すると、書類を2~3枚入れただけでも、50gを超えてしまうことが多いですね。


したがって、「最低でも140円必要」という感覚で、ちょうど良いのかなと思います。





しかし先日送付した封筒については、120円しか貼り付けしていませんでした。


中身が紙切れ一枚程度でしたので、「これなら、ひょっとして120円で行けるのでは?」と考え、重量を計測してみたのです。





私が封筒の重量を計った結果は、「49g」でした。


もちろん49gだったという証拠は残していませんが、50g以下だったから120円分の切手を貼りました。


重量制限ギリギリだったので、そのことはよく覚えています。





しかし現実には、重量オーバーだと言って郵便局から突き返された。


何でだろう?





まずは、重量を再計測してみました。





あれ?


確かに大津中央郵便局の言うとおり、50gを超えている。





おかしいな?


49gでセーフだったはずが、3g増えて52gになっている。





納得できない私は、3g増加した原因を考えてみました。





・宛名を書く前に計量したので、宛名を書いたことにより、インクの重量分増えた


・切手を貼る前に計量したので、切手の重量分増えた


・封筒を封印するために使った糊の重量分増えた


・計量時より湿度が高く、封筒が含んだ湿度分の重量が増えた





私のアタマで考え付く原因は、この程度です。


他にも何かありますかねえ?





いずれにせよ、「3g」なんて重量は身近じゃないので、現実味がありません。


想像しか出来ない。





ここで私は、ある思い付きをしました。


ひょっとして、「料金が不足しています」という、短冊の重量が問題なのではないか?





早速、短冊を剥がして再計量してみました。





おお!


短冊を剥がすと、1g減って51gになりました!


しかしそれでも、50g制限のところを、1gオーバーしていますね。





わずか1gオーバー。


この結果を見て、投函前より重量が3g増えていた原因なんて、どうでもよくなりました。





どうでも良いけど、大津中央郵便局は50gまでの規定のところ、51gだったから返送して来た訳です。


その事実に愕然として、重量増加の原因なんてどうでもよくなりました。





私の思考回路ならば、


1. 計量した結果、1gオーバーだった。


2. しかし1gオーバーの原因に、郵便局が責めを負うべきものは無いか?(輸送中の湿度管理など)


3. 返送に要するコストの問題


4. 返送した後のクレーム発生のリスク





これらを総合的に勘案して、「返送しない」という判断を下します。


「1gだからまけておこう」という考えではなく。





世の中は何事も、「誤差」というものを考慮しなければなりません。


警察の取締りでさえも、少なからず「誤差」を考慮に入れてますからねえ。





大津中央郵便局、ええ根性してるじゃないの。


これからは雨の日に届けられた郵便物に、水滴が一粒でも付いていたら、イヤというほどクレーム入れてやろうか?





まあそんな物騒な話は冗談ですが。


1gオーバーで返送されてきても、文句一つ言わない私ですから、ご安心ください。





と言いながら、具体的な郵便局名を出し、証拠となる画像もアップした上で、ネチネチと嫌味を言うところが恐ろしいんですけどね。


ははは。





自分で再計量した結果、「1gオーバー」だった訳ですから、郵便局に対して、文句は言えません。


言えるのは、「1gオーバーしていた私がお馬鹿でした」という、愚痴だけです。






でもね、皆さんお分かり頂けると思いますが、本音ではかなりムカつきました。


なので、事実だけを申し上げながら、「皆さんが何となく郵便局に悪いイメージを持つ」ことを意図した文章にしたつもりです。





もし郵便局に悪いイメージを持たれたなら、文章による攻撃も怖い・・・ということですな。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:郵便局め・・・ - たまに覗くから面白い!毎日見ないでぇ・・・飽きるから。。 -

(ブログタイトル:デラざっぴん株式会社の更新情報)

<< 2024年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

ブログテーマ

ブログ最新記事